パターン打合せと35年後について | 日本一の若手職人育成企業を目指すコテ山のブログ

日本一の若手職人育成企業を目指すコテ山のブログ

株式会社バウビオジャパン代表のら山川です。 建てていただいたお客様と生涯のお付き合いをどうやって達成するか日々真剣に考えています。

おはようございます!


広川町の現場にニューフェイス登場。



木の香りがする仕事をしたいと、大工見習いとして19歳の若者がバウビオジャパンの門を叩いてくれました。

令眞を指導者に任命してまた未来のための人材育成が始まります。

指導をする事で指導側もものすごく成長します。2人ともこれからの成長が楽しみです(・∀︎・)



外ではいよいよ左官工事のパターン打合せ



近くで見たり遠くで見たり、横から見たり。

結構ここまでくるとザファンハウスで建築中の方はいよいよ仕上げ工事が始まるのか…と。さらに完成へ向けて期待度が高まります。


パターン打合せもこれまであちこち見学会を見てこられておおよそのイメージはあるもののいざ自分の家となると別問題。


悩みます(・∀︎・)



時間をかけてしっかり悩んでいただき決めていきます。



結果、サクサク決定していったのは…



長女ちゃんでした(・∀︎・)

素晴らしい感性の持ち主で将来モノづくりの仕事についてくれたら嬉しいなぁとか思ったりもします。


ザファンハウスで建てるお客様のお子さん達、絵が上手な子が多いんですよ。しかもまだ図面も見てないのに自分の家をイメージで描いてしかもそれが実際に建てる立面図と酷似してる事が最近よくあります。



さて、奥様の一言

「左官さんてあのコテだけでこの家全部塗るんですか?すごい難しそうですね(;゚∀゚︎)」

からはじまりせっかくなんでみんなで左官体験を



零二指導のもと



最初の難関コテガエシが中々難しいのです。



それができるようになると塗り付けていきます。



お父さんを皮切りにみんなでチャレンジ!



そして最後は少し距離をとって見られてたお母さんも



自分達が体験する事で今建ててる家がどれほど職人の技術と手がかかっているかわかっていただけると思います。だから建てられた方がおっしゃられるのが「安い」と言われます。

ローコストの家と比べたらもちろん高いのですが、つくっている家に対して安いという事です。


それが実現できるように長年かけて人財育成してきましたから…長年の苦悩の末ようやく今の形に辿りつけたのです。


はっきり言いましょう!

職人育成についてこの辺の地域で私が一番失敗してきた自信があります!もちろん私の考え方がずれてた結果です。それを経験として何回も何回も挑戦してきた結果が今の素晴らしい社員達です。

私にとって唯一の人生の財産だと思ってます。私の生きた証ですね。また彼らが次の世代にしっかりバトンを渡せるように育てて行かなければですね。

今の社員達と出会って、今こんな家づくりができてる事が本当に嬉しいことです。


なんで、お客様はザファンハウスで建てると良いものを安くつくれて儲けなんです。お客様の利益があってはじめて私たちの利益となり、結果それが地域に人財を残すという地域の利益となる。売り手よし買い手よし世間よしの近江商人の三方良しを考え抜いてきた結果です。


昨日、一昨日で二件のお申し込みをいただきました。皆さん大体35年ローンです。


35年後


私は80歳です。


皆さんがローンを払い終えた時に、しっかりそれまで人財育成をして家を大切にして、お祝いを持ってご挨拶に伺うのが私の目標です。


今後とも末長いお付き合いのほどよろしくお願いします(・∀︎・)


皆様にとって今日という日が素晴らしい1日になりますように(。-人-。)