施主参加型の家づくり | 日本一の若手職人育成企業を目指すコテ山のブログ

日本一の若手職人育成企業を目指すコテ山のブログ

株式会社バウビオジャパン代表のら山川です。 建てていただいたお客様と生涯のお付き合いをどうやって達成するか日々真剣に考えています。

皆様おはようございます!

GWゴールデンワークはいかがお過ごしですか?

自粛自粛なのでどこかに出かけるのではなく、ちょっと気になってた事を今のうちに進めてゴールデンウィーク後スッキリとまた仕事スタートできるように動いてます。


ふくおか新文化住宅の塗装は何と施主工事です!
ちょうどゴールデンウィークで大工が入らないので絶好のタイミングなのです。



施主工事と言えど、ザファンハウスの家は大きな吹き抜けなどあり中々一般の型には危険なんですよね…大丈夫かなぁと思いつつ気になったら即行動という事で応援に行ってきました。



隅々まで塗ってウェスで吹き上げての延々の繰り返し。

複雑なつくりだとすごく手間がかかります。

朝から夕方までで


ここまで来られました。

今回使った塗料はこちら
この中からサンプルをつくり、悩みに悩まれて今回の色をチョイスされました。




そして私はLDKの吹き抜けのところを足場をつくりながら背伸びしながら寝転びながら顔にピシャッとかかりながら


塗りました。

そして


ゴールデンルーキーは足場の良いロフトや玄関周りを…

そして今日も行くのですが、粗方今日で天井塗り終わるかなと。
更にやりにくいところが残ってますが、それも楽しみながらやっていきましょう!

お引越しされて天井を見上げたら私のことを思い出されるはずなのです\(//∇//)\

そして自分で手を加えた家は思い入れが違いますよね。どこか一部でも参加してもらうような事も考えて行こうかなと思いました。

元々は家は自分で面倒見ていくものでした。自分達でできないところだけ職人さんに頼んでしてもらう。いつの間にか自分達で面倒見れない素材になってしまって建てた後のコストはどんどん上がってきてる気がします。

まずはアフターメンテナンスができる素材であること。そして可能な限りアフターメンテナンスを自分でできる素材選びを大切な事です。

デザインを優先して、素材をおざなりにするのではなく、素材を優先してデザインを加えていく。そんな考え方がやはり大切だなと思うのです!

さあ、今日二日目も私も塗装まみれになってお施主様の思い出つくりに参加してきます!

皆様にとって今日という日が素晴らしい一日になりますように(○︎´Δ`人)