再建築不可の解消方法

テーマ:

 

今日は、雨は降らなかったけれど

 

なんとなく曇り空だった。

 

 

 

 

 

お隣の新築現場

 

 

 

玄関土間にコンクリートが入り

 

階段部分もそろそろ終わりだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

予約してあったゴミ処分センターに畳を持ち込んだ

 

 

15枚処分、持込で1枚600円の処分料

 

以前は、500円だったような気がする。。

 

あと畳は7枚残っているが次回である。

 

 

 

 

 

畳を処分したついでに

 

役所の建築課に行ってきた。

 

10号は、再建築不可なので、それを解消する方法を聞くためだ。

 

 

10号の再建不を解消する方法は3つで

 

 

①全面通路を位置指定道路にする。

 

これは私道所有者全員の承認が必要で

10号の場合は私道所有者が31人いる(^^;

その31件中29件は再建築できる土地なので

再建不は10号と西隣だけだ。

31人全員の承認をもらうのはけっこう難易度が高そう(^^;;;

 

 

②全面道路を協定通路(43条1項但し書き許可)にする。

 

基本的には私道所有者全員の許可が必要だが

許可をもらえなかった場合があっても

その理由のレポートを付けて役所に申請すれば

許可を認められる場合もあるようだ。

①よりは難易度が下がるけれどけっこうたいへん(^^;

 

 

 

③隣地を買って建築基準法上の道路に出る。

 

これが一番現実的だが

10号の場合は、東側1件・西側2件である。

うまく買えることが出来たとしても

再建築の場合は土地の広さの問題で

2宅地合わせて1件しか新築できない。

 

 

 

 

どれも難易度が高いけれど

 

暇つぶしだと思ってやるのは楽しいかもしれない(^^)v

 

 

 

再建築不可の解消方法は役所によって多少違うので

 

再建不の物件がある役所の建築課に行って聞くとていねいに教えてもらえる。

 

簡単に解消できる場合は少ないけれど

 

解消方法を知っておくのは必要なことだ。

 

 

 

 

 

 

帰りに展望レストランでランチ

 

 

曇っていてスカイツリーがうっすらとしかみえなかったのだが

 

写真には写っていない。。。

 

 

 

 

 

午後からは部長とティータイムしていたので

 

今日のリフォームはナッシング

 

 

 

 

 

 

 

ラッキ~♪

 

 

 

 

↓「ラッキ~!」と叫んで押してください!↓
人気ブログランキングへ
あなたもラッキーになれます(^^)v