フェレのデフォルメ部屋

ニコニコこんにちは、フェレと申します音譜


京都でイラストレーターをしながら、同人サークル「ポル屋」として東方を中心に活動をしております。

このブログは「イラスト」「絵のお仕事」「デフォルメ」「ミニキャラ」「東方」「雑談」を中心に記事作成しています。


アップイラストのお仕事を承ります。


サンプルや料金の目安等ご用意しております。
下のバナーをクリック頂きますと詳細ページに移動いたしますのでご覧ください。


$フェレのデフォルメ部屋


イラスト案件がございましたらお気軽に下記メールアドレスまでお問い合わせくださいませ。


手紙fere@poruya.sakura.ne.jp



 
パソコンブログ用バナー作りました☆

フェレのデフォルメ部屋


↓↓ランキング参加中です。応援よろしくお願いいたします☆

 

人気ブログランキングへ

 


 にほんブログ村 イラストブログ 萌え絵(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



ニコニコお世話になっているサイト様です☆

 


 $フェレのデフォルメ部屋

$フェレのデフォルメ部屋

 

 $フェレのデフォルメ部屋

 
 $フェレのデフォルメ部屋

$フェレのデフォルメ部屋


ニコニコTwitterもよろしくお願いいたします音譜
https://twitter.com/feresandesu
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

リスカする魔法少女

こんにちは、フェレです爆  笑音譜

 

先日、京都の創作サークル「Team4689」様の新刊

アリスとテレスに寄稿させていただいた、という記事を書いたのですが、同サークル様で頒布している白萩カイリさんの御本がすげぇやばいので布教させてください。

 

 

見てくださいこの可愛い表紙絵。魔法少女ですよ。清楚で品の良いお嬢様のようなたたずまいのヒロイン。

これを見て推せると思ったあなた、ぜひ本文を読んで打ちのめされてください。

 

ヒロインの水口蒼子はメンヘラでロリコン。

魔法少女だけど変身手段はリストカット。

お供の妖精は一万円札。

 

彼女はただの魔法使いのアルバイトで世界を救おうとか崇高な思想なんてもっちゃいない。

やる気なんかあるわけない。

時給をもらう為に戦う、ドライな性格。

 

こんなの魔法少女じゃねぇ。

 

でも読み進めていくと、彼女の媚びないドライさが良い方に開花して、さばさばした気持ちの良い性格だなと思い、とても好きになりました。

正直、彼女のゴーイングマイウェイな言動はうらやましくすら思います。

 

変身ヒロインだからって別に正義の為に戦う良い子でなくてもいい。

 

この普通じゃない設定とネットスラング満載のブラックなノリが合わさって、隙あらば笑いを通り越してドン引きさせようと読者にボディブローを畳み掛けてきます。

クスっとしてくれたらいいなぁ、なんてそんな生易しいもんじゃない。

殺るか殺られるか。尖ったエンタメです。

たぶん合わない人はドン引きするけど合う人はめっちゃ笑うと思います。

 

単に笑えるだけじゃなく考えさせられる話あり、ミステリー要素ありで、続きが気になっていっきに読んでしまいました。

 

そんな紅とチアノーゼの2巻が、文フリ大阪で頒布ですよ。

 


絶対面白いので買います。

 

大阪の文フリに行く方は要チェックですよ乙女のトキメキ

 

文学フリマ大阪
9月9日()大阪OMMビル

E-11 Team4689(チームシラハギ)
 

乙女のトキメキ新刊
紅とチアノーゼ(2巻)
246p/文庫サイズ/900円
 

乙女のトキメキ既刊
紅とチアノーゼ
200p/文庫サイズ/700円

 

 

では次の更新でお会いしましょう(*゚ー゚)音譜

 

 

アリスとテレスって何?

こんにちは、フェレです爆  笑音譜

京都の創作サークル「Team4689(チームシラハギ)」様の

新刊「アリスとテレス」の本文にイラストを寄稿させていただきました!

 

凛とした表情の可愛い女の子が目印の表紙。

透明感のある色遣いが涼しげで美しいです。

 

 

しかし、アリスとテレス……いったい何のことだと思うでしょ?

主催いわく自由に解釈して好きにやっちゃって!とのことです。

 

一応なにを描くかは相談したんですよ。

 

「なぁなぁ、アリスと聞くと不思議の国のアリスが浮かぶんやけど……でも、それやとテレスが余るよなぁ」

 

「せやな」 

 

「もしくはくっつけてアリストテレス?哲学者におるよな

(画像検索)

……ヒゲのオッサンやんけ!」

 

「それな」 

 

「そんなお題どうしろと」

 

「わかる」

 

「じゃ、いっそアリストテレスをソシャゲのキャラみたいにイケメン化しようか」

 

「見たい!それ見たい!えっと、アリストテレスを語る前に、まずソクテラスがいてねその弟子がプラトンで、さらにその弟子がアリストテレスでアリストテレスは……」

 

「わかんねぇ、メモ取らせて」

 

「既に詳細をまとめたメモがここに」

(手書きでびっちり書かれた資料を渡される)

 

(逃げらんねぇ……

これソクテラスとプラトンとアリストテレス全員描くまで帰れないやつだ)

 

※上記はフィクションです。実際のやり取りとは多少異なる場合がございます。

 

そんなわけでイケメン3人描きました。よろしくね爆  笑ラブラブ

 

それ以外にも本文中で一部挿絵担当しておりますのであわせてよろしくお願いいたします♪

 

9月9日()に大阪のOMMビルで開催される文学フリマ大阪で頒布するとのことです。

 

E-11 「Team4689

新刊:アリスとテレス

52P/A5/600円

 

ぜひお立ち寄りくださいませ♪

 

では、次の更新でお会いしましょう(*゚ー゚)ノ音譜

 

魔王も覗いたウクライナがすごく面白かった

こんにちは、フェレです爆  笑音譜

先日の夏コミで頒布されたオオバン書店様の新刊

「魔王も覗いたウクライナ」

すごく面白かったんで書評をしてみようと思います。

 

書評なんてしたことないし、夏休みの読書感想文かな?って感じかもですがご容赦ください。

ちょっとでも書評らしく見えるよう文体もいつもと変えてみます。

 

 

 

表紙は有名旅書籍のパロディ、海外旅行が好きな人なら一度は目にしたことがあるんじゃないだろうか。

 

ページを開くとホテルの見取り図。

これは妹尾河童の「河童が覗いた~」シリーズのオマージュなのでわかる人はニヤリとしてしまうね。

 

そこからウクライナはどんな国なのか簡潔に紹介されて、日本からウクライナへ行く方法やウクライナの交通事情、食事、物価、治安などが具体例を交えてガイドブックのようにわかりやすく書かれている。

 

日本円でいくらくらいなのか添えられているので現地のことをまったく知らない人にもイメージしやすい。

向こうは物価が安くて、惣菜パンが20円~30円、缶ビールも70円くらいから買えるんだとか。

 

さらに博物館の話を通してウクライナの歴史や文化事情にも触れているがそれがとてもわかりやすい。

 

私は社会や地理が得意ではないのだが、もし筆者の竹井氏に師事していたなら、きっと私の社会の成績はもっと良かったに違いない。そう思うくらいわかりやすかった。

 

そしてウクライナの戦争についての話の後に、たぬさん制作の可愛い漫画が実に良いタイミングで入ってくる。

真面目な話を読んだ脳に「ちょっと肩の力を抜いて次のページをめくりましょう」と微笑んでいるかのような、明るく可愛い絵柄で和ませてくれる。

実に上手い構成だ。

 

その後はチェルノブイリの原発や市内へ見学に行った様子が書かれている。

非常に痛ましい事故があった場所であり、チェルノブイリという単語自体に重く暗いイメージがある人も少なくはないだろう。

だが、竹井氏の品の良い穏やかな人柄を感じる文体のおかげで、まるで良質の旅番組を見ているかのように読めるので安心してほしい。

 

事実をわかりやすく語り、その後で一言感想を添える彼の文章スタイルはとても洗練されていて気持ちよい。

 

親しみやすいエピソードの中に必要な情報をさりげなく補足しながら進めてくれるので、楽しく読んでいる間に気が付けばチェルノブイリのことを学んでいる。

 

旅行に限らず、貴重な経験をした時は往々にして一方的に自分語りをしてしまいがちなものだが、竹井氏はそれをしない。

読み手が置いてけぼりにならないように配慮し、文章を通して読者を見ながら語ってくれるので、気がつけば本の中で彼と一緒に旅をしているのである。

 

そしてラストに再び、たぬさんの漫画がほっこりとした気持ちにさせてくれる。

おみやげのイラストも丁寧に可愛らしく描写されていて、見ていて楽しく、旅の最後を飾るにふさわしい。

最初から最後まで手を抜かない中身の詰まった本だと思う。

 

ちなみにこの本はウクライナというあまり身近ではない国の内容にもかかわらず、コミケで見事完売したそうだ。

 

出版社の人は今すぐ竹井氏をスカウトしに行くべきだろう。

適切に情報をまとめてあんなに心地よく読ませる文章が書ける人はなかなかいないから。

 

いや、本当おもしろかった。もし再販の機会があればぜひお手にとってみてください。

 

ではまた次の更新でお会いしましょう(*゚ー゚)v

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>