PORI BLO

ここではTAPのこと、普段思うこと、感じたことなどを、徒然なるままに書いてみようとおもいます。


テーマ:



Enjoyライヴ、無事終了しました~
大雨の中、会場のANCEは満員、ありがとうございました。
今回一緒にライヴを作れた仲間たちにもこころから感謝しています。

わたくし会場の中でひとり、滝のように汗をかいて、気持ち悪かったです笑
個人的に反省点がたくさんあって、これからひとつずつ解消するべく練習したいと思います。

でも楽しかった!
またよろしくお願いします!
ピース!

PORI
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
さて、また次に向かわなければ!!


ということで、今月5月29日にANCEである、enjoy単独liveのリハーサルが今日からスタートします。

楽しみ!

詳細はまたアップするので、皆さん来てくださいね!


とりあえず29日は空けといてくださいー!
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
$PORI BLO


TITFのステージが終わって、昨日まで広島から来てくれた両親を感謝の意をこめて、箱根の宿に連れてってました。
両親の普段の労をねぎらうつもりでしたが、見事に僕の方が癒され、夜、布団に入った5秒後くらいに大いびきをかいて朝まで爆睡したらしいです笑

「うそ!?うるさかったでしょう、ごめん」
「いや、全然気にならんかったよ」


そんなわけない。笑 うるさいに決まってる。


初めて親孝行の様なものをさせていただき、両親も喜んでくれました。残務処理も山積みの中、気持ちよく送り出してくれた他のスタッフに感謝しております。ありがとう。


$PORI BLO

「親父があまり楽しそうでないのは写真映りのせい」



今回のTITFは、3.11の震災から、怒涛の如く問題が産出されました。
海外ゲストの来日を取りやめる問題、そもそもこんな国難の時期にTITF自体をやるのかどうか。
結論、海外ゲストはこちらから招聘を見合わせる、今回のTITFは復興の祈りも込めて日本人だけでやろうという、その決断をする瞬間も膝の上の手は、固く「グー」になっていました。

そんな中でもみすみさん、BASEMENTの藤井さん、SUJIさんをはじめ、多くの仲間達がこの決断に賛同し、僕を力の限り支えてくれました。
新たに参加を表明してくれた方々も、二つ返事で快諾してくれました。
この2011年3月という時期は、誰もが少なからず震災によってダメージをうけ、誰もが精神的に不安定な時期でした。
しかし今回参加してくれた全員が、「日本をTAPで元気にしよう、自分に出来る事は何なのか」と自分自身の状況は二の次に置いて、ミーティングに集まった時、僕はこの先どんな問題が起ころうとも、必ずこのTITFを成功させようと思いました。この素晴らしい仲間達の為にも、そして楽しみにしてくださっているお客様の為にも。

まずワークショップは、毎年海外ゲストのレッスンで4日間は埋め尽されていて、その空白をどうするのか。実は震災前から多くの予約をいただいており、その一人一人に説明するのがとても辛かったです。予約をいただいていた皆さん、すみませんでした。

ただ、その代案として出した新しい企画に、Soundoutのメンバー、HIDEBOHさん、みすみさん、SUJIさん、yoshiko、正に電光石火の如く素早い返事をしてくれました。本当に感謝しています。
当日も各々が真剣に、でも楽しく深いWSを開いてくれました、素晴らしかった。変な意味ではなく、誇らしかったです。
そして集まって頂いた生徒の皆さん、ありがとうございました。



「震災はあったけれど、このWSだけは変わらずいきます、よろしくお願いします。」
との僕の電話に、「わかった、任せとけ。」と力強い返答をしてくれたRONxⅡさん。

こんな状況下でも参加してくれた19名の生徒の皆さん。
5日間の皆さんの頑張りは、RONxⅡさんは勿論、WSに関わった僕達が一番見ています。




$PORI BLO

そして、ステージ。
出演者一人一人が、気持ちのこもった表現を会場に来て下さった方々に届けていました。


「絶対盛り上げてやるから、見てろよ。」
ST.CREWはこれ以上ないというほど一番手という大役を果たしてくました。
9人の気持ちがバンバン出ていました。
ナイスチーム!


「ポリのMCで、さらに僕達は気持を込める事ができたよ。」
僕のぎこちないMCにも、そう言ってくれた加藤さんと祥さん、会場を柔らかく包んでくれました、ナイス選曲!そしてナイス大人の魅力!


「感謝の意をこめて、踊らせていただきます。」
ARTN Companyの皆さん、ぼくは今まで見たあの「黒いオルフェ」作品で、一番良かったと思います。
スタッフ業務を出る直前までやって、精神的にも大変だったと思います。ありがとうございました。


「いろいろあったけど、この舞台に参加できて、僕は嬉しい。」
TRBDXの皆さん、舞台に花を添えてくれました。お客さんの反応も予想通り、みんな「すげー」「うわー」とか言っていたそうです笑


「よ、よろしくおねがいしまーす(ひきつっている)」
RONxⅡWSの皆さん、よく乗り切りました、僕は実は袖でちょっとだけ、泣きました。
お疲れ様!この経験は皆さんにとって、もはや財産だと思います。
ドラムの紺野さんが、「おれ一番WSナンバーが緊張するんだ、でも必ず支えてやるから。」と言っていました。心強かった。


「おー、おはようー!よろしくね!」
とグッと強い握手をしてくれたHIDEBOHさんをはじめとするLiBLAZEの皆さん、HIDEBOHさんがMCマイクを取った瞬間、(うそっ!やめてくれ、おれの下手さがバレるじゃないか!)と正直思いました笑
選曲は誰もが知っているナンバー、さすがのパフォーマンスでした。


「おれ、ひっさしぶりに緊張してるわー、よろしくな!」(なにがよろしくなのか笑)
と楽屋でずっと練習していたRONxⅡさん。宇川さんとのデュオ、とっても良かったです。
宇川さんもいつもの2倍くらいキレイでした(怒られる!)。あの二人、男女で踊る時のお手本の様な感じで、袖から見ていた他の出演者も黄色い歓声をあげてました。


「みんな、集中していこうぜ、あの曲中のカオスの部分、ブッ壊れてやる。よろしく!」
サウンドアウトはとにかく頭まっしろで、気付いたら終わってました。
WSも含め、メンバーには感謝しています。ありがとう。



そしてそんな全員で作ったフィナーレ。
テーマは「祈り」でした。震災後にパッと頭に浮かんだアメージング・グレイス。
今回自分が構成、振付をやらせていただきました。リハーサルの進行などおぼつかない事もありましたが、あそこにいた全員が「ひとつ屋根の下」を合言葉に、本当にひとつになったと思います。ステージで輪になった時なんか、軽く鳥肌が立ちました。
お客様からの感想も、フィナーレが一番良かったとの声が多いと聞いています。
TAPダンサー、ミュージシャン、スタッフ、会場全体が大きな渦となった感覚、何かに包まれたような、そんなあたたかい感覚を覚えました。


今回の東京インターナショナルタップフェスティバルは、そんな感覚を残したまま、幕を閉じました。


WS、ステージ共に来て下さったお客様、参加、出演して下さり、多くのアドバイスを下さったTAPダンサーの皆様、舞台、照明、音響スタッフの皆様、ミュージシャンの皆様、今年も板を提供して下さったHIROタップダンスシティの皆様、そして当日も細かい事まで気を配って走り回ってくれた森田君、WSの裏を支えてくれた未佳さん、あいちゃんこ、チケット・制作担当してくれた礼ちゃん、マキコ、数多くの変更点、文句ひとつ言わずにフライヤー、パンフなどを制作してくれたAkkin、本当に様々な相談に乗ってくれて、Tシャツまでもデザインして下さったSUJIさん(おかげさまで完売しました!!)、当日ギリギリの時間までチケット販売をしてくださり、またWebページを作って下さった藤井さんをはじめとするBASEMENTの皆様、そして、いつも側にいてくれるみすみさん。
皆さんがいてくれて、このフェスティバルは成り立っています。


僕は、僕はこういう時に何と言えばいいのか、ありがとう以外に何と言えばいいのか、今もまだ考え続けているけれど、やっぱり見つかりません。
それでも皆さんに、感謝の気持ちをこころから、この場を借りて言わせてください。



ありがとうございました。


$PORI BLO


(了)



Tokyo International Tap Festival
プロデューサー PORI

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。