三歩進んで二歩下がって、また一歩。 | 前略、田舎の庭より。
新型コロナウイルスに関する情報について

前略、田舎の庭より。

花の写真を載せています。
取り立ててオシャレなものはない、ごくアレな田舎の庭ですが、季節を感じていただけたら幸いです。

今日もまた一日雨が降りました。

天気の良かった昨日の写真です。

昨年の春も割と遅くまで肌寒かった記憶があるんですけど、ざっと見返してみると4月のうちにはもうハナビシソウが満開になっていたんですよねー。

今年は遅すぎる遅霜が降りたりして、昨年よりもポカポカ度が足りなかったみたいですね。

そうそう。また一年が巡って、祖母が97才になりました。

杖を置き忘れて、「コレがないとどうにもならない」みたいな事を言いながら、ヒョイヒョイ歩いて取りに戻ったりして、面白いですよ(*´艸`)

望遠で撮ると距離感がギュッッとなるので、ひと続きになっている様に見えますね。

あら??

いつの間に(*´д`),゜.:。+゜

昨年倉庫の横に植えた、ロココとピエール・ドゥ・ロンサール。

蕾が開いていました(*´д`),゜.:。+゜嬉しいー。

 

ロココ

 

嬉しくて(*´艸`)

ピエール・ドゥ・ロンサール

ちなみに、↑昨年の5月、ラティスを設置したばかりの、ちょうど今頃の写真です。

↑同じく昨年の5月の、通路を整備した頃の写真です。

あんなに小さかったバラ達が、この一年で随分と成長してくれました。

ちなみに、すぐ側に植えてある一重の白いバラを今年はあまり切らないようにして茂らせてみていたんですけどね。

右からも左からもトゲがからまっちゃって、とても行き来がし辛かったので、この間バッサリと切りました。

アーチも上の方が折れてしまっていたので、この機に一旦撤去しました。

もう少し場所を考えて設置し直さないと。

旺盛なので、またすぐに伸びると思います。

サハラ’98

昨年よりもだいぶ伸びて、蕾が沢山つきました。

玄関を出ると正面に見えるので、毎日楽しみです。

左側にもう1組支柱を立てて、扇形に広げていこうかと思っています。

お向かいさんの鯉のぼりとコラボ。

↑昨年はこの位でしたよー。

たぶん、一番最初に買って来て植えたのは2013年頃なんですよね。

家の裏手に居た頃のヒョロッヒョロ時代を思えば、劇的な息の吹き返しぶりです。

場所を移して本当に良かった。

なんかごめんね、今まで。と、写真を見ながら改めて思っているところです。

やっぱり一番は日当たりと風通しなんですね。

サンセットグロウ

霜で全部やってしまったかと思っていたけど、何とか生き残っていたビスカリアです(*´艸`)

 

レオナルド・ダヴィンチも、今日はだいぶ開いてきていたんですけど、撮りそびれていました。

だいぶワサ~っとなってきたこの辺りも、

↑遡って探してみたら、昨年の7月13日の写真がありました。

1年でここまで伸びてくれるなんて。

遡りついでに、今は紫陽花を植えてある、白のオオデマリの咲くこの辺りは、

これまでにも載せたことがあったかな??

↑2013年の5月3日。なんとものどかな写真が残っています。

少しずつ、開拓中です。

ピンクのオオデマリ

 

今では背丈を超える高さまで大きくなってきたこの木も、

↑2015年の4月29日

子供の頃を見ている様です。

ペンステモン、ヒルザキツキミソウ、ルピナス、ネモフィラ、ナデシコ、ストロベリーキャンドル、ハナビシソウ。

少し前に咲いたルピナスが、ニョキーっとなっています。

 

時間差で咲いてくれて、これはこれで嬉しい。

ここのはピンクが咲きました。

ガンバレ、ガンバレ。

植えた人が忘れっぽいと、頑張らされて大変(*´艸`)

 

 

ジキタリス、ネモフィラ、ナデシコ、バビアナ、ストック。

頭の体操になりますね。

 

 

 

リナリアとアリウム。

ヒメウツギは剪定のタイミングの問題でしょうかねー。今年はあんまり咲きませんねー。

 

 

ブルビネ

エリゲロンをもっと可愛らしく撮りたいんですけどね。なんか、難しい。

どう撮ればもっと魅力的に写るんでしょう。

小さなゴデチャが。

アスチルベが咲き始めています。

母が植えた球根の混合の中に入っていたみたいです。

名前を調べてみようと思ってたんでした。

イキシア?

Googleレンズ先生は凄いですね。

アリウム

ハナビシソウ

寒ーいと思っていたら、急に夏のような日差しになってきて。今年はいつ頃まで咲いてくれるかなー。

花軍の母の開拓地には、昨年の種が落ちていた様で、マリーゴールドやヒマワリらしき葉が沢山出てきています。

アグロステンマ

濃い色の隣のは、ほんのりと薄ーいピンク色でした。

 

ヒナゲシがあちらこちら、咲き始めています。

アメリカフジ・アメジストフォール

藤の密は美味しいんでしょうかねー。

ブドウのようにコロンとした、可愛らしい花です。

グレコマが張り切って伸びています。

あ、今日もお疲れ様です。

ようやくカンパニュラが咲き始めたんですけど、「今年はカンパニュラと金魚草が良くなかったー」と母がぼやいています。

ラナンキュラスラックス

今年はもうそろそろ見納めです。

 

 

 

 

 

 

あずきフラッペ

雨が降ったので、ペチュニア達は軒下へ一時避難しています。

このビオラが綺麗に長持ちしています。そもそもの苗が凄く良かったというのが一番にあるんですけど。

母のは花屋さんがくれる何かバイオの肥料を使っていて、私は緩効性の化成肥料を使っています。

私のは欲張って粒々を効かせすぎるから、春には伸びきってしまうんでしょうねー。

玄関の棚が母のコーナーになってきています。

可愛らしいベゴニア。いつも行く近くの花屋さんで仕入れて来たらしく、母の『さて幾らだったでしょうクイズ』が始まります。

八重のクチナシ。

甘い匂いにつられて。

そうそう。幾らだったでしょうクイズ、こちらの正解は驚きの60円でした。

やだー。あの可愛いやつじゃないですかー。しかも少し大きめのしっかりした苗。これはお買い得ー。

アッツザクラが今年も咲きそうです。

国色天香

マダムピエールオジェ

相変わらず葉っぱが弱々しくて、控えめな小さな花を咲かせました。

今年はとうとう、家の裏手に植えてあるピエール・ドゥ・ロンサールと、花壇に植えてあるアンジェラが瀕死になっています。特に家の裏手はやっぱり向いていないみたいですねー。

咲いている時にはリビングから見えて凄く良いんですけど。

色の薄い花を懸命に咲かせようとしている姿が余りに健気で不憫で。このピエールもサハラの横辺りに場所を移してみようと思います。

アマリリス畑

今の所は3種類の同じ花が咲いています。

残りの蕾に違う色が混ざっているか、お楽しみです。

 

これまでアマリリスは育てた事がなかったので、これだけ花が見られただけでも十分幸せです(*´д`),゜.:。+゜

この花と同じ写真で、『ダブルドラゴン』の名前で売られている球根を見かけました。

どの色も皆それぞれにちゃんと名前があるんでしょうねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

マルチの外の所とか。

家の裏手の方や、

玄関の近くにも同じ色が咲いています。私の手のひらよりも大きな花です。

通路の側にも、同じ色が咲きそうです。

菊桃の下に伸びてきているもう1本は白っぽい花が咲きそうです。手前のと同じ色かな?楽しみです。

 

さて。

なかなか、人間の思うようにいかなかったり、思っていたよりも頑張ってくれたり。

私の部分は試行錯誤の一進一退という感じですけど(*´ω`)

上手くいかなかった時には、今度はこうしてみたらどうだろう?とか。

上手くいくと嬉しくなって、もっとこうしてみたら良いかも、とか。

植物が相手だと、ここまでいけば終わり、ということがないですね(*´艸`)

気の長い趣味ですけど、日々動き続ける趣味だから、こんなに面白いことはないなーとつくづく思います。

幸せなことですねお月様