花を買っているのではない、楽しみを買っているのだ。 | 前略、田舎の庭より。

前略、田舎の庭より。

花も草も自由気まま、ありのまま。
取り立ててオシャレなものはない、ごくアレな田舎の庭ですが、季節を感じていただけたら幸いです。

新型ウイルスが大変なことになっていますねー。

この界隈でも、マスクの売場がガラガラになっています。

まさかこんな所まで影響が及ぶなんて。

やっぱり、どこか対岸の火事の様な気持ちでいた事に、少し反省ですね。

少し前に1箱買ったばかりだから、まぁまだいっかーと思ってもう1箱買うのを止めた矢先のことなのですが。

品薄となると、もっと沢山買っておけば良かったかなーなんて思ってしまう、人間の心理ですよねー。

状況によっては、気合いではね飛ばすか、気合いを入れて手作りするしかなくなるかもしれないですね。

考えてみれば、今のように使い捨てではない、ガーゼのマスクを最後に使ったのは小中学校の給食当番でしょうか。

運転中に、ふと、小さな記憶の蓋がパカッと開きました。

思い出したい記憶の蓋はなかなか開かないクセに、何十年の人生でいけばほんの一瞬の様な小さな記憶の蓋が、ふいにパカパカ開きます。

雷の時にヘソを死守していた光景とか、高速で父の車がキンコン♪キンコン♪と鳴っていた光景とか。

じいちゃんが竹箒を作っている光景とか。ガラス越しの牛の影とか。鶏に蹴られた事とか。

今週末は、また気持ちの良い晴れが戻ってきました。

昨年末頃、ホームセンターの処分品コーナーにいた、花の大きさが世界最大らしいパンジーのボニータ。

ダメ元で鉢に植えておいたんですけど、ようやく1つ花が咲きました。

最大で直径12cm位の花が咲くそうなのですが、計ってみたら直径8cmに届くか届かないか?ぐらいでした。

今の所、普通のパンジーと同じ位、家の庭では最大、ですね(*´艸`)

せっかくなので、ちっちゃいとおっきいで記念撮影を。

朝靄を撮りたくて。

昨日の朝は霜の多い朝でした。

こんな光景も、もう暫くの間ですね。

 

 

 

この鉢に植えていたヌーヴェル・ヴァーグが、急に調子を崩しました。

塩漬けの青菜のように、急ーにシナシナになってしまいました。

暖かくて蒸れたのか、カルーナやローダンセマムの根に押されて、上手く水が吸えなくなってしまったのかもしれないですね。

我が家の革命が。

細い棒でザクザクして、少し土をほぐしてみたんですけど、ダメかなー?

微かな望みは捨てずに見守ることにします。

 

 

まだお正月気分の寄せ植えです(*´艸`)

 

 

 

だいぶ仲間が増えました。

12月の初め頃、植えたばかりの時の写真です。

リトルコニーも、

遡ったら、11月の後半、植えてすぐの頃。

このてふてふは、

植えたのは11月の初めの頃でした。

たまに、少し巻き戻してみるのも面白いです。

今年は近場で色とりどり手に入ったお陰で、昨年の我が家とすると革命的な充実ぶりです。

 

花を買っているのではない

楽しみを買っているのだ

          -M.hiyoko-

花を見ているとき

花もまた こちらを見ているのだ

               -M.hiyoko-

ふふ(*´艸`)何でもないことを、それっぽく言ってみました

何だか、バカボンのパパと紙一重な気がしますね。

ああ、そうか。赤塚先生の言いたいことが何となく解る様な気がします。たぶん合ってないけど。

八重咲きのファビュラス

こちらも淡い色合いのファビュラス。

どうぞ、見てやって下さいまし。

ミニフリフリ

 

 

深い色合いの紫色も綺麗です。

ああ、そういえば。先日、ダリアの神様のプロフェッショナルなアレを拝見したんです。

専門的な褒め方は『立派だって言わなきゃダメ。きれいなのは誰が見てもきれいなの』と仰っていましたね。

なるほど-。

やっぱり綺麗なものを見た時には「綺麗ですねー」「良いですねー」ぐらいしか言葉が出て来ないですもんね(*´艸`)

本当に心を奪われるような時にはうめき声しか出ないですけど。

反対に、普段は何となく見ているものでも、ファインダー越しに見ると、時々、胸の奥をグワッと鷲掴みされた様な気持ちになる時があります。不思議で、花もカメラも、夢中になる魅力の一つかもしれないですね。

グワッと来ている写真は撮れていないので、あまり大それた事を書くと恥ずかしいんですけど(*´艸`)

 

 

立派ですねー(*´ω`)←ひとつ覚え

グレコマと小さな青いぞうさん。

このヒメシャラの木と、奥に写るヒメシャラの木は、背丈が伸びてきていたので、お正月休みにチェーンソーで上をバッサリと切ったんですよ。

 

 

 

花かんざし、可愛らしいです。

もっとサビで茶色くなってきたら、また上からペンキを塗らないと(*´艸`)

たまには反対側のビオラも。

 

犬とか猫とか、カボチャとか。

 

 

 

朧月、もっともっと立派に熟成させたいですねー。

このBBQコンロも、そろそろ底が大きく抜けそうです。

長年使っていて、側面が崩れてきていたこの鉢。とうとう前面も崩れてきました。

土が入る以上は鉢として、その役目を終えるまで、見届けようと思います。

ミツマタギンチョウ

だいぶ、黄色の花が目立ってきました。

昨年は気付かなかった、ほんのりと微かな甘い香り。

見事に、どの枝も三つ叉です。面白いですねー。

上から見ると、優しい黄色。

このミツマタギンチョウの足下にも、黄色の水仙が咲いています。

 

「今度は何色が通ると思う?」

「また軽トラだと思うー」

とか言ってそう。

 

 

この辺りにも、少し遅れて、水仙らしき葉っぱが頭を覗かせています。

 

 

鉢の中に種が落ちていたようです。

オオイヌノフグリ

可愛らしい花があちらこちら、目に留まるようになりました。

ラナンキュラス ラックス

一番奥のミノアンが、早くも蕾が出来そうな雰囲気です。

元気そうな葉を見ると、嬉しくなってきます。

クリーム色っぽいケラモス。

ご飯もあげずに沢山咲けというのも理不尽な話なので、有機肥料を買って来て撒いてみました。

ひっそりと咲く我が家のクリスマスローズ達にも試しに。

モリモリと咲いてくれたら嬉しいなー。

プチあじさいロード予定地。

少し青々としてきました。

西洋芝の種を蒔いてみたものの、西洋芝の正解を知らないので、芝なのか、草なのか?(*´艸`)

通る人達に、ひっそりと、春の気配をお伝えしておりますよ。

 

さて。

少しずつ日が長くなってきている様で。

夕方5時半を回ってもまだ少し明るい事に気付いて、驚いています。

気が付かない間に、季節はどんどん動いているんですねー。

季節に取り残されないように、頑張らなくては。

来週も、良い一週間になりますように。

インフルも流行っているようです。温かくして、ご自愛くださいお月様