作家ということ

テーマ:

一時期(?)話題になってた、とある作家の「子猫殺し」の記事。


私もその他大勢と違いなく嫌悪感がした。


だからこそその部分の話題を抜きにした、


室井さんの視点はちょっと新鮮。



特にタイトルでのコメント。


あんな短いタイトルで分かりやすく恐怖を感じさせるのは確かにスゴイ。



キャッチコピーとか見てても、


「ありきたりー。」としか思わなかったり、


長ったらしいのに意味分かんないものが氾濫してるからこそ、


シンプルさが目立つ…のか?



いや、そこまでは言えないけど。


自分やその他大勢が別のでかい話題に取られがちなのに対して、


視点とか、


言葉を生み出す能力とかそれを見出す力は素晴らしいなとちょっと思った。


これは…この私の発想はかなり文学部??


あぁ…また意味不明なんだけど。



ごめんくさい。