ぽっぽのたわごと

関西出身、ベタベタの神戸っこ家族が関東に進出・・・。
まだまだ慣れない暮らしに悪戦苦闘しております。

日常のたわごとを大公開!!


テーマ:
ぽっぽ親子を悩ます事がある。

それは、義実家。
ちゃんと食べてるの?太ったんじゃないの?
お酒を飲み過ぎてない?仕事忙しいの?……

会うたび会うたび旦那に言い続ける義母。
いくつになっても子供。心配はわかる。
でも、そのお小言が面倒になってすっかり実家には寄り付かなくなってしまった旦那。

義母にとっては会いたいのは孫ではなく息子である旦那。
しかし、義父にとっては息子ではなく孫にとにかく会いたいらしい。

私には息子はいても、孫はいないのでその気持ちはまだわからないが、ぽっぽ母に言わせてみれば、例えは悪いが孫は嫁の所有物。どちらが…と聞かれれば息子だと言われたので、義母の行動は世間とずれてはないよう。

寄り付かない旦那は、義父を気遣い息子を義実家に連れていけと言う。自分はいかないくせに、ぽっぽに連れていけと。

新婚当初は面倒で攻撃的だった義母も、年数がすぎ、丸くなったと言うより流せるようになった。
それでも面倒だけど、嫁の仕事として毎月連れていっている。

義父はもうすぐ90。足腰は弱っているものの、歩けるし普通に日常を過ごせてる。そして、義母は相変わらずお口も体も達者な80代後半。


先日、義父から息子宛に直接電話があった。
今日、来れないか?と。

息子「今日、出掛けるねん。」
義父「何時でもええ。帰りに渡したいものがあるからよってくれへんか?」
息子「でも、何時になるかわからへんし」
義父「帰りは家まで車で送ったる。来られへんならおじいちゃんが車で行くわ。」

今日は会えない。という選択肢は存在しないらしい。






90になろうかというじじぃが車で自分で運転してくる??
何度も免許返納を勧めている。
嫁の立場では強くは言えないが、危ないと何度となく言っては見るものの、聞いちゃいない。
眼は白内障で白く濁っている。なのに、高齢者にありがちな絶対的な運転技術に自信を持っている。
聞く耳を持たない。

こりゃ絶対聞かない!!

遅くなるけど、行くわ。と伝えといて‼と息子に言って、義実家に息子と2人で行くことになった。

もちろん、送っていただくなんてそんな怖いこと出来ないので、車で行ったのですが。

到着後、今日はまだ予定があるのですぐに帰ります。
と軽くジャブ。

義父はいつも柱に息子を立たせ、背をはかる。
「前よりも2センチ延びたで~。」
そーかいそーかい。

義母「ぽっぽさん、反抗期は必要やで~。旦那くんの友達で反抗期がなかった子がおってんけど、大学を有名大学に行ったのに、途中でやめてん。大学はいって反抗期になって、某カルト宗教に入信してしもて、脱退させるのに偉いことになったんやで。」


義母「良かったなぁ。息子くんはおおきなるわ。でも180もいらんなぁ。小さいと困るで。旦那くんの友達で164しか無くてなぁ。日本で1番の国立大に入って、実家は大きな会社経営してるのに、嫁探しに難儀してなぁ…。」

この話。毎月聞いてます。これ以外にも毎月同じ話しかしません。

反抗期とカルトは違うよな。
164で嫁が来ないは違うよな。っていつも思いながら

ハイハイ…と聞いている。
息子はまたその話??と顔にでる。


ぐるぐるぐるぐるぐる……。

全部言えるぜその話……

ぐるぐるぐる……。

またその話かい。って思いながらニコニコ嫁をしていると義父が、でっかくなったなぁ。2センチも延びたで。

義母「「おとうさん!!同じ話何回するねん。ボケたんかいな!!しつこいわ!!」



義母「そうそう、大きくなって良かったなぁ…。旦那くんの友達で、164センチしか………。」



同じ話何回すんねん!!


と心のなかで突っ込んだ息子とぽっぽでした。


あ。ちなみに渡したいものって柿でした。
ただ、会う理由が欲しかっただけなんだろうけどね。


ぽっぽ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
先日、学校行事の後にクラスのママさんとランチに行った時の話です。

バスタオルは毎日洗うのか??というしょーもない議論ww
お子さん(女の子)が親戚のおうちに泊まりに行った時の話。2泊して、使ったバスタオルは洗ってくれなかった。と家でぽろぽろ泣いた。という。

かわいい・・・女の子の悩みなのね・・・。

バスタオル、ぽっぽの家は毎日洗います。
バスマットも極力毎日洗います。

ぽっぽの旦那実家。バスタオルは毎日洗いません。
バスマット・・・不明。

ぽっぽのうちでも昔、愚息と旦那がもめてた。

きれいに洗った体をふくだけなのに、毎日洗う必要はないという旦那。
一度濡れたバスタオルは濡れた時点で雑菌がわく。という愚息。


ってか、洗うのは私なんですけど・・・。

たぶん、その女の子も愚息も洗うのが普通で、洗わないという選択肢は頭にないんだろうなあ・・・と思う。

でも、きっといつか愚息が独立して一人暮らしでもしようものなら・・・1回使ったぐらい・・・ではなく、これっていつ洗ったバスタオル??というのを引っ張り出して使いそう。

ただ、育ってきた小さな環境の違いだけなんだけどね。
ぽっぽの実家は洗ってた。だから、洗うのが普通と思ってた。
旦那の実家は1回では洗わない。だから洗わないのが普通と思ってる。

大人になって新しい家庭を持ったとき、もめるのかな?

どっちでもいいけど、愚息がなんていうのかちょっと気になった話でした。


ぽっぽ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
このブログを教えているお友達はほとんどいないので、通じるかわかりませんが…

大事件です。
スマホを変にいじってしまい、ロックがかかり立ち上がらなくなりました。
で、結局お店に持っていったのですが…初期設定という悲しい末路をたどることになりました。

データをバックアップしてないという大バカぶり。

残念ながら。

涙しか出ませんが…

全てのデータを初期設定という、飛ばしてしまいました。

最近は、個人情報保護から、連絡網もなくなり、本当に困ってます。
何人かは友人を通して連絡先を教えていただいたのですが、それでも以前の3分の1にも満たないかも。

ごめんなさい。

このブログをみているぽっぽの友人の皆様…

ぽっぽの携帯に連絡下さい。

バックアップしてないバカをお許し下さいませ。


ぽっぽ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
買い物に行った時に、とある店の前でフリーズする愚息。


どうしたの?ってきくと、

「これ、テレビで見たやつや。むっちゃ美味しいらしい。」
と、愚息。

お母さんはそのテレビ見てないからわからんわ……と思いつつも、
「欲しいの?」
って聞いてみたけど、別にほしい訳じゃ……ごにゃごにゃ……


だいたいそういう時は、ほしいけど、男が買うにはちょっと恥ずかしいとか、欲しいと言えない時に決まってる。

「買ってみる??」

「いやぁ、お母さんが欲しいんやったら……。」

もーーーイライラする。

「どんな味するんかなぁって思うだけで……。」
「でも、やっぱり食べてみたい。」

よほど気になっていたらしい。

結局、お買い上げしてみた。

さっそく明日の朝日パンに登場予定です。



パンに塗るマシュマロだって。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
愚息のお稽古事の送り迎えは全てぽっぽの役目です。
駅まで迎えに行き、車内で着替えさせ、そのままお稽古までほりこむ。
お稽古中は、買い物などにスーパーにいって、終わるのを待ち、愚息を連れて帰る。

まぁ、簡単に言うと愚息の専属運転手なのです。

しかし時々、テニスの送り迎えを旦那が居るときは、率先して行く‼と言い出す。

で、必ず揉める。と言うより、愚息が超がつくほど不機嫌になっている。

理由は簡単。
「ここでちゃんと振りきらへんからとばへんねんや!!」
「ラケットはこうやろ!!」

などなど、愚息にダメ出しをするからだ。
ぽっぽはお稽古事に関しては、聞かれない限り、一切口出ししない。
子供の気持ちがわかるとか、そうではなく、テニスが出来ないので口出し出来ないし、先生にお任せしているので、がっつり練習を見るのが面倒なのだ。

まぁ、ダメダメな母親なんだけど。

旦那はというと、大学の時にテニスサークルに入ってたんだかなんだかの中途半端な実力で愚息に偉そうに文句を言っている。

小学校高学年にもなれば、口答えはしない。しても無駄だと思うのだろう。その代わり明らかに不愉快オーラを出しまくり、返事もしなくなる。反抗期と片付けて良いのかもわからないけど。

友達にその話をすると、みんなうちもよ~。パパがうるさくいって、泣かすこともあるし、やらないって怒ってる時もあるわ。
と、どこも同じような感じらしい。

先日、テニスで隣にいた誰かのパパさんが、娘を見ながらラケットをふるまねをして、違う‼などど言ってるのを目撃。

やめたほうがいいですよ……と心のなかで思いながら、見ていたんだけど、そんな風に出てくるのはほとんどパパさん。

何故なんだろう?サッカーでも、ママではなくパパさんが、出てくる。
ぜったい子供のほうが上手いのに。
コミュニケーションなのかもしれないけど、なんか違うような気がする……とふと思ったテニススクールでした。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。