「300万円を賭けて600万円の儲けと国会議員や地方議員になってみませんか?」という投資話しについて書いていきます。

 

堺市長選挙で落選し、それでも2%は相当な確率で取れると豪語していたN国党の立花代表、突如として公募を始めました。

 

どうやら2%を超える確たる情報を得たのか、各選挙区の小銭まで残さず掴みに行く作戦のようです。

 

公募の方法も斬新で、電話を掛ける能力があればまず公認が貰えます。

 

わたし選挙は未経験なんだけど…大丈夫です、この選挙は必ず落選しますし選挙活動もしないので公示日に役場へ届け出るだけで後は寝ててOK、落選後は大変お得なメニューが用意されていまして運が良ければ寝てるだけで衆議院議員になれるかもしれないビッグチャンスです。

 

まるでヤクザ映画の兄貴の代わりに刑務所へ行き(参院選・落選)、刑期を終えたら出世している(衆院選・当選)みたいなイメージでしょうか。

 

N国党には民意で選ばれた31人もの現職議員がいますので、怪しげな投資話しとは一線を画し安全です。

 

私も動画を見ていたら東京選挙区から出たくなりましたが、内容をよく見ると残念ながら満席のうえ代わりはいくらでもいるようなので辞退せざるをえなくなりました。

 

 

動画未視聴の方へ概要を紹介します。

 

300万円を賭けると選択肢とリターン&リスクが与えられます。

 

選択肢

  1. 300万円(供託金)を用意して立候補をする
  2. 300万円(供託金)を用意して誰か代わりに立候補してもらう

リターン

  1. 衆院選の比例ブロックで名簿1位になれる権利(その際の供託金600万円も支給される)、更に3年間で900万円の活動費が支給される
  2. 地方議員になれるまで無期限の支援(市議選などで供託金没収は無いと言い切れるほど稀)、更に3年間で900万円の活動費が支給される
  3. 3年間で900万円の活動費が支給される(ホストクラブなど何に使ってもOKとのこと)

リスク

  1. 参院選の比例区で2%が取れないと没収ですが、3年後以降の参院選などにも権利は残るので安心

 

一番効率的なのは300万円を貸し出し誰かに立候補してもらい落選、衆院選の時は名簿1位に載せてもらって後は寝てるだけで当選というのが良さそうに思えます。


他にも地方議員であれば当選するまで無期限で支援してくれるとの事なので、東京都葛飾区の議員だと年収1,300万円、300万円の元手でこれ程のリターンを謳っている商品はまず無いでしょう!

 

融通も色々と利く党なので、例えば荒川区の議員さんのように電話対応は事務員の方へ丸投げしても良いようなので基本は穴熊を決め込む、議会では「異議な~し」と言うだけで年収は込み込みで3,300万円なので美味し過ぎます。

 

比例区と東京選挙区を除くと先着44名なので、このビッグチャンスを掴んで「老後に備えた2,000万円」を目指しましょう!

 

 

先着の44地域で残っている地域(6/16夜の時点)

  • 青森県
  • 秋田県
  • 福井県
  • 香川県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県

残り8人、週明けまで残ってるのかな?

 

 

N国党・出馬制圧マップ

 

 

古い情報になるとご迷惑をお掛けしてしまう恐れがあるので、状況を見て修正させて頂きます。

 

もう残り僅かですが、立候補するには時間的にも厳しくなった事から最新情報は党へ直接確認して下さい。(以降は修正いたしません)