インターネットを見ていたら「発言がコロコロ変わる」、「コロコロ立花」などの表現があったので今回は真似させて頂きました。

 

若い人は表現が上手ですね!

 

 

堺市長選挙・立候補予定者

  • 永藤英機/大阪維新・元大阪府議会議員/堺区選挙区・2期/42歳
  • 野村友昭/自民党・堺市議会議員/東区選挙区・3期目/45歳
  • 立花孝志/N国党・葛飾区議会議員/東京都・1期目/51歳

 

堺市長、任期途中での辞職について

  • 竹山修身市長の政治資金収支報告書に記載漏れが発覚
  • 金額は約1億3,000万円から約2億3,000万円へ修正される
  • 真相が不明のなか市長を退陣し幕引きを図る

 

市長選の情勢を個人的に予想(予想印は当選力、予想%は得票率)

  • ◎(66.6%)永藤英機:前回の市長選で惜敗している事から分かる通り相当強い(162,318票/53.8%VS139,301票/46.2%)
  • ▲(25.0%)野村友昭:滑り込み当選を続けている力量だけに苦しいか
  • ×(8.4%)立花孝志:供託金没収が注目で箸にも棒にもかからない

 

8.4%の予想については説明が必要です

  • NHK被害者の多い松戸市長選挙(現職含め4人が出馬)にN国党が出馬した時の得票率は5.08%
  • 最近の知名度上昇や立花代表が自ら出馬、出馬人数が新人3人という事を加味して上積み要素あり
  • 関東で維新が弱いように関西ではN国党は弱いため劇的な上積みは考えにくい
  • 供託金没収ラインは得票率10.0%なのでクリアの可能性は十分あり

 

 

ここからはコロコロ立花の発言について考察していきます。

 

コロコロ立花が堺市長選挙へ出馬する可能性は?

  • 永藤氏以外の出馬がある場合は取り止める(10%取れない可能性を示唆)
  • 野村氏の能力に激しく疑問(10%取れる可能性を示唆)
  • 松戸市長選の時のようにマスコミに取り上げて貰えるならと強行出馬した実績(マスコミには引っ込みがつかない)
  • 大阪府知事選挙に続き参院選の埼玉選挙区への出馬取り止め(今回取り止めれば3連続の取り止めで信用力低下を危惧)
  • 葛飾区議選の直前にも大阪から衆院選に出馬しようとしたりコロコロは昔から(結果取り止め)
  • 資金について相談?(独裁で進めているのに今更相談なんて意味不明)

私は出馬へ大反対ですが、言動を正当化するには99%出馬すると見るべきでしょう。

 

万が一にも市長選で当選したら参院選の出馬を辞退するのではなく市長を1ヶ月で辞職すれば良いじゃないですか。(野村氏が出馬すれば市議を1ヶ月以内で辞職する事に)

 

任期についての無責任さは今更ですし、参院選に当選しても衆院選へ向けて辞職して繰上げがどうのと選挙前から言うくらいなので体裁なんて気にする立場では既にありません。

 

 

資金についての謎発言

  • 党員から集める130万円は参院選での権力を分ける意味合いの物なので市長選とは別問題
  • 広告収入150万円、寄付50万円、月額200万円の収入
  • 別途、党費が総額50万円以上で撃退シールの発送など経費は概ね賄える
  • 代表は個人的に5,000万円程度は簡単に借りられる信用力がある

誰に何を相談するのか分かりませんが、供託金240万円と選挙活動費60万円程度の総額300万円程度で人口83万人への宣伝費と考えれば相当安いです。(選挙公報をポスティング代と考えれば40万世帯に各10円計算なら400万円なので安さが際立ちます)

 

大物政治家などがギリギリまで態度保留という戦略は有効ですが、様々な不信感(府知事選の取り止め、参院選の埼玉選挙区を取り止め)を与えての態度保留が有効とは到底思えないので何を迷っているのでしょうかね。

 

 

稚拙な公約

  1. ◎NHK集金人の戸別訪問を規制する条例の制定→素晴らしい
  2. ×生活保護の直接サービス化→希望者のみが対象だと少人すぎて意義が乏しい
  3. ×スマホ購入費の半額助成金の支給→simフリーなら1万円以下で買えるので誰向けの政策?
  4. △身を切る改革には反対し緊縮財政をやめる→財政の健全性が売りの堺市からそれを奪うのは酷い
  5. ▲電動アシスト機能付き自転車の助成金の支給→葛飾区の真似は構いませんが掲げる程の目玉政策ではない
  6. ×森友問題の徹底解明→豊中市長ならいざ知らず掲げる程のもの?

もちろん否定だけなら猿でも出来ると言われたり卑怯なので、上記の方向性を変えずに代案を考えてみます。(大きく変えたら政治心情の否定なので意味が無い為)

 

代案の公約

  1. ◎NHK集金人の戸別訪問を規制する条例の制定
  2. ○生活保護はフードスタンプなど可能な限り強制現物化(市内で確実に消費させるのが目的)
  3. ◎型落ち中古スマホの支給(貧困層向け・市場価格は3,000円代)
  4. ◎市民向けのイベントで生活用品を潤沢に配布(市内の活性化も両立)
  5. ▲電動アシスト機能付き自転車の助成金の支給(車が必須な環境なので自転車の重要性は疑問)
  6. △市内の事件を人気投票により選別し徹底解明(学校新聞的なノリ、そもそも掲げる意味あるの?)

落選濃厚の選挙なのだからNHK政策以外は非現実的なトンデモ政策で目だっても良いのかもしれません。

 

堺市に本社を置く「くら寿司」と市が提携して住民はPayPayの100億円キャッシュバックみたいに常時半額にするなど。(葛飾区とタカラトミーの提携を更に露骨にする感じ)

 

 

コロコロ立花は何処へ向かうのか、最終的には過去の発言にあったようにNHK会長を目指す方向へ転換する可能性も否めないので、生暖かい目で見守る方が裏切られたと感じる事も無いので良いとは思います。

 

どうせNHKに裁判されたら負けるので、不払いであわよくばを狙うのが有益という事を周知する事がN国党の唯一の存在意義だと見ています。(全員を訴えるには非現実的)

  • 日本の世帯数:5,300万世帯
  • 不払い(公式2割):1,060万世帯
  • 不払い(現実5割):2,650万世帯
  • 受信料裁判:年1,000件/1日4件(支払督促までも含む。土日祝を除く営業日は年250日)
  • 時効:5年
  • 1円足りとも逃げ得を許さないには1日8,480件から21,200件の裁判準備が必要(現在の2,000倍から5,000倍の労力)
  • 支払督促が来たら最大5年分までを支払えば刑罰や裁判所へ行く必要も無し(5年以上を要求されたら普通は裁判で確実に勝てる)
  • 現実的ではありませんが、年12%の延滞利息を要求されても地上102,966円が上限(受信料5年分78,600円+延滞利息24,366円)
  • 衛星だと179,208円が上限(受信料5年分136,800円+延滞利息42,408円)
  • 損益分岐点は20年で5年逃げれれば若干のプラス(延滞利息は非現実的なので実際は逃げた分だけ得をする)

葛飾区内の未払いが5割の20万世帯もあるかは分かりませんが、20万件も裁判できるものならやってみなさいという気持ちです。(NHK上野営業センターか上野第二営業所のグッドスタッフを取り囲む光景が目に浮かびます)

 

N国党の議員は不払いの周知要員としては高く評価しますが、他は有益な仕事など大した仕事はやっていません。(立花区議のような宣伝力、金子区議のような区政の透明化など有能な議員は一部ではいますが稀な存在)

 

気の弱い人へのアフターフォローがメインの仕事なんて笑止千万で、そこまで気の弱い大人であればTVなど受信設備を全て捨てれば済む話です。

 

N国党は月額1,310円の有益性以上に不利益な弊害が出始めているので今後どうなるかが見物でしょう。(エンターテナーとしては好きなのでアンチは否定、でも信者になるのも難しい)