むしろよく解散せずに我慢していたものだ。

 お笑いトリオ『我が家』の坪倉由幸が、9月10日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に出演。トリオ解散危機になるほど関係が悪化していたことを明かした。

 「番組では、坪倉が田村淳に杉山裕之の酒癖の悪さを相談。坪倉によると、杉山はこれまで幾度となく酒を飲んでは周囲に迷惑をかけてきているといい、酒席で後輩のブルゾンちえみに説教をして泣かせたこともあるそう。坪倉が杉山にブルゾンに謝るように説得すると、『お前に関係ない』『謝る必要はない』と逆ギレ。その3カ月後にも酒席での態度を注意したところ、杉山は火のついたタバコを投げつけてきたり、殴りかかってきたりしてきたといいます」(テレビ誌ライター)

 



 番組では、もう一人の相方・谷田部俊も交えて3人で会談。坪倉は「自分も42歳で、自分の人生を考えたい。こんな酒癖の悪い人とずっと付き合ってられない」と断酒か解散かの二択を迫ることに。しかし、杉山は断酒の選択はできず、結局、「外では3杯しか飲みません」「悪い噂が出たら酒を止める」との灰色決着となった。

 そんな杉山の酒癖の悪さは、つとに有名。過去にも多くの芸人たちからその蛮行が暴露されている。

 「被害にあった芸人の数は枚挙に暇がありませんよ。パーティーで厨房に入り、たこ焼きを焼いていた雨上がり決死隊・宮迫博之の頭を『いつまで焼いとんねん!』と言いながら頭をバーンと叩いた時には、さすがの宮迫も不快感を露わにしたそう。また、博多華丸はカラオケで歌おうとしていた曲を杉山が途中でことごとく全部消すボケをしてきたことで、2月の時点で『杉山は年内一杯、(会うのは)よか』と吐き捨てたそうです。後輩であるハライチの岩井勇気は深夜0時まで翌日のネタ作りができていなかったのに強制的に呼び出され、朝の6時まで5時間説教された被害を報告しています」(放送作家)

 過去には、我が家の事務所の先輩であるTIM・ゴルゴ松本がバラエティ番組で「上下関係をわかってなかったから」という理由で杉山をボコボコにしたことがあるとバラエティ番組で明かしているが、もし解散となっても、杉山に手を差し伸べてくれる芸人仲間は誰もいないだろう。

 

 


酒乱になる人、ならない人