ヘ○タ医復帰します(`・ω・´)ゞビシッ!!


前回のお話はこちら
⇒ 囚われの看護師 (3)

1話目はこちら
⇒ 囚われの看護師 (1)


ちゅーしてるだけでも雷が落ちる避雷神popipi(* ̄∇ ̄*)
正直、このシリーズはいつ何時消されるやら分かりません!(笑)
消されたら限定行きになりますので悪しからずです~(。-人-。)

蓮ターン入るかと思いきや、キョコターンでっす(* ̄∇ ̄)ノ












昨年の終わりに私もついに20歳になった。

名実ともに大人の仲間入りをしたのだけれども、変わらないことが一つだけ……ある。

それは、敦賀さんとの関係。

変わらないことをずっと望んできた私だけれども、この気持ちは誰にも知られることなく墓場まで持っていくんだと決めていたけれども、それでも時折どうしてもしてしまう小さな “期待” ……。

分かってる。
都合のいい解釈だって。

それでも拭いきれないほど、次々に起きる敦賀さんの “思わせ振りな態度” ……。


これまでも、あのダークムーンごっこのように、お互いの演技の練習に何度も付き合ってきた私たち。

だから、今回のだって今までと同じ。

ただ違うのは……キスシーンと、ラブシーンといえる絡みが入っていること……。

もちろんそういった実際の経験など全くもって皆無な私。
だから思いきってお願いしたの。
こんなに激しいシーンだとは口に出さなかったけれど。

正直台本を見せたら断られるかもしれないとも思ってた。
いくら私たち以外の誰の目にも触れない練習とはいえ、“演技” となればいつでも全力で立ち向かって来て下さる天上人。

“演技” とはいえ、ただの後輩な私とのキスシーンやら、20歳になっても相変わらず貧相な身体つきの私を相手にした、うにゃらら紛いな動きを含んだシーンを……本当に付き合ってもらえるかどうかも分からなかった。

けれど、もし付き合ってくれるなら、それで何かが変わるきっかけになったら……なんてほんの少しだけ期待をしてしまっている私を神様はお許し下さいますか?


カーン!


というかん高い金属音がこの薄暗い部屋に響いたと思ったら、既に私の口の中に敦賀さんの舌が侵入していた……。

実はこれまで演じてきた作品の中に、キスシーンは一つもなかった。

今回このオーディションを受けるにあたって、私はとても悩んだ。
女優の道を選んだ以上、いつかは避けて通れなくなるキスシーンやラブシーン。

でも出来れば……出来ることならば、やっぱり好きな人としたい……。
私も20歳になって、随分貪欲にもなったものね。
現実の世界では決してあり得ない。

ーーー敦賀さんとのキス。

狡い女と言われても構わない。
演技を利用したことは悪いと思ってる。

でもーーー


役柄さながらに激しく私の口内を貪る敦賀さん……。

どうしよう…………
キスってこんなに気持ちいいものだった…………?

背中がぞくぞくして、頭には血が昇ったような、全身が熱くなる感じ。
膝にも力が入らなくなってきて、引っ掛けられた手錠に重さが掛かって手首が少し痛い……。


「ふぅ……んぅ……///」


息が上手く出来なくて、鼻から自分じゃないみたいな変な声とともに抜けていく。

やだ……なんか恥ずかしい……///


「んっ……はっ……はぁ……///」


やっと唇が解放されたと思ったら、敦賀さんは凄艶な様子で私を覗き込んでいる。

何度かお目にかかったことのある表情……。
でも、改めて見てもこんなに色っぽい人なのね……。
子どもだった私は、いつも目を回したり逃げ出したり……きちんと “こういう” 敦賀さんと向き合った事がなかったけれど……私も大人になった今思うことは……


この人が欲しいーーー。


そう思いながら目を反らすことなく、敦賀さんの瞳を真っ直ぐに見つめていたら、ニヤリと艶麗な笑みを浮かべて敦賀さんはこう言ったの……。


「クスッ、俺が欲しい……?」


「ーーーっ!?///」


ダメーーー
やっぱり私、この人には敵わないーーー。

でも今は演技中。
そんな状況をあえて逆手に取って、私は逃げることなくコクリと頷いた……。


「……はい。

  ご主人様ーーー」




⇒ 囚われの看護師 (5) へ続く


web拍手 by FC2