ついに2006年ドイツW杯予選グループの組合せが決定しました。

日本はオーストラリア、クロアチア、ブラジルと同組みですね!そして、“死のグループ”となったのは、Cグループですかね。アルゼンチンは前回大会に続いてですが、今回は勝ち抜くでしょう。

■2006年ドイツW杯予選グループ組合せ表
グループ 第1ポッド 第2ポッド 第3ポッド 第4&特別ポッド
 ドイツ  エクアドル  ポーランド  コスタリカ
 イングランド  パラグアイ  スウェーデン  トリニダード・
 トバコ
 アルゼンチン  コートジボワー
 ル
 オランダ  セルビア・
 モンテネグロ
 メキシコ  アンゴラ  ポルトガル  イラン
 イタリア  ガーナ  チェコ  アメリカ
 ブラジル  オーストラリア  クロアチア  日本
 フランス  トーゴ  スイス  韓国
 スペイン  チュニジア  ウクライナ  サウジアラビア


では、早速ですが決勝トーナメントに進出するチームを予想してみます。

・Aグループ…ドイツ、エクアドル
・Bグループ…イングランド、スウェーデン
・Cグループ…アルゼンチン、オランダ
・Dグループ…メキシコ、ポルトガル
・Eグループ…イタリア、ガーナ
・Fグループ…ブラジル、日本
・Gグループ…フランス、韓国
・Hグループ…スペイン、ウクライナ

日本はオーストラリア、クロアチア、ブラジルの順番で対戦します。ですから、初戦のオーストラリアに負けでもしたら、かなり厳しい状況に追い込まれますね。

ただ、E組2位通過したら決勝トーナメントの初戦はイタリアになる可能性が高い…。今回もベスト16が順当でしょうか!?

・FIFA.com
http://www.fifa.com/default.html