2006-10-06 07:30:00

コブクロ「ALL SINGLES BEST」など

テーマ:島うた
気付いたら1週間も更新をサボっていました。いかんいかん。このままでは去年の二の舞になってしまいます。

最近の私はこんな感じでした。誰も興味ないと思いますけど!

○ホットヨガ○
8月から通い始めてすっかり習慣になりましたです。賛否両論あるようですが、私には合っているみたいで。
ヨガのポーズ自体は簡単なものばかりです(だからコチンコチンの私でもやっていけてる)。
でも遠赤外線で38度まで暖めた高温多湿のスタジオで行うので、ビックリするくらいの汗が出ます!
普段から日本全国で上位1%には入るであろうほど汗っかきの私ですら、生まれて初めて見るような汗の量。
これだけではダイエットにならないだろうけど、新陳代謝はアップし、冷え性は確実に緩和されてます。

で、最近「ホットフラ」というコースもできまして、初体験してまいりました(チケット制なので出たいクラスを自由に選べるのです)。文字通りホットヨガのスタジオでフラを踊るのですが、これが楽しい~。実は、習っていた打撃系の激しいダンスを諸事情によりお休み中の私。やり場のなかったダンス欲もこれでカナリ満たされます~。


○コブクロ「ALL SINGLES BEST」○
小渕健太郎, 所ジョージ, コブクロ
ALL SINGLES BEST (初回限定盤)(DVD付)

こちら で試聴できます♪)
やっとタイトルにつながりました(笑)。
先週発売されたコブクロのシングルコレクション。ずーっと聴いています。
本当に中身の濃いアルバムで、ずっしりくる。

これまでに発表されたシングルが制作時期の新しい順に入っていて、最新の「君という名の翼」から一番古い「桜」まで、コブクロの歴史を振り返ることができるようになっています。そして最後に、過去を振り返るからこそ踏み出せる一歩がある、というメッセージが込められた新曲「未来への帰り道」(←傑作)。

コブクロが結成されたのは1998年(デビューはちょっと後ですが)。ちょうど我々が社会人になった年です。
当初目をつけたのは島夫で、最初は嫌々、徐々に島夫以上の情熱をもって(^^)私も聴くようになりました。今改めて遡るように聴いていくと、その当時のこと、個人的なことも社会的イベントも、色々と思い出されます。

コブクロの歌は前向きなものが多くて、本当に参っているときには「これ以上がんばれって言わないで~」的な重荷に感じたり、この人たちは綺麗事ばかり歌っているんではなかろうか・・・?と思ったことも(^_^;)。でも聴き続けているうちにポンと背中を押されたような気持ちになるのが不思議で。

で、先日インタビューでこんなこと言ってたんです。

小渕「僕、音楽を聴いて元気なくなっちゃったことってあんまりないんですよ。そういう風に音楽を捉えてないのかもしれないですね。プラスになりたいというか。だから自分の音楽もそうあってほしいし、歌うたびに凹むような曲は多分ずっと書かないかもしれない。そういう意味ではある種、偏っていると思うんですよ。ものすごく狭い土俵の上でしか曲を書いてないのかなって思いますね。」(Excite Musicコブクロインタビューより)

確かに偏っているかもしれなくて、それがあまり好きでないという人も周りに結構います。
こればっかりは好みですものね~。
でも私は、少しずつ経験を重ねて行く中で、人間30年も生きていたら綺麗事だけで前向きな態度を貫くことはできないとわかってきた今、彼らのスタンスに重みすら感じています。

って、要はコブクロLOVEってことです。(笑)
二人の声が重なったときが、たまらなく好き♪ 面白トークも最高です。
でもミリオン達成なんてしてしまったら、ますますライブのチケットが取りづらくなりますよ~(;_;)。

そんなコブクロの小渕くん、夏川りみさんの曲の作曲・プロデュースなんかも手がけていまして(やっとテーマの「島うた」の話になった、笑)、8月にリリースされた「さようなら、ありがとう」がそうなんですが。
亡くなったお母様の気持ちを想像しながら書いた曲なのだそうです。
少し島唄の香りもする優しい旋律で、夏川りみさんの高く透き通る声だからこそ魅力の引き立つ歌。
カップリングの「シマダチ」(こちらにはゴスペラーズが参加)もよかったですー。
(両曲ともこちら で試聴できます♪)
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006-08-20 23:20:55

かりゆし58インストアライブ@銀座わした

テーマ:島うた
今日の甲子園決勝戦、すごい試合でしたね~。(TVに釘付けになる あまり美容院に遅れましたがなにか?)両投手とも凄まじい気迫(かつ男前*^^*)。見ているだけ胸一杯...。どうしても勝ち負けを決めないといけない んでしょうか(>_<)。明日の再試合、八重商のときみたいに気になって仕事にならないと思います。
*****************************************

今更ですが、金曜日のアフターファイブ(←死語)のことを書かせて下さい。
島夫が飲み会になってしまいヒマになってしまったワタクシ。まっすぐ帰宅する気分でもなかったので、用事を済ませようと銀座へ。

銀座といえばわした 。用事の前にちょっくら立ち寄ったところ、何やら地下から音楽が聞こえてきました。おおっ、これはもしやと思って店内を探すとやっぱり(^▽^)「かりゆし58インストアライブ 」!! 始まったばかりのようだったので急いで地下へ。決して広くはないフロアに何十人も集まってかなりの熱気です。(写真撮るのすっかり忘れてました。ゴメンナサイー!)

ちょうど大ヒット曲「アンマー」がサビをむかえたあたりから聞くことができたのですが、母親への想いをストレートに歌った歌詞もさることながら、歌声の迫力に圧倒されてしまったワタクシ。プロの歌手の歌をこんな至近距離で聞いたのは初めてだったので、ポワーンと聞き惚れてしまいました。幸せ~。

ライブの後すぐ羽田に向かわなければならなかった彼らですが、アンコールに応えて「オリーブ」という曲も歌ってくれました。

飛行機まで時間がないってあれだけ言ったのにアンコール下さる皆さんは本当に優しいですね~」なんてトークもかましながら。(^m^)

この曲、レゲエっぽいリズムと歌詞がとっても良かった!ネットで検索してもヒットしないのですが、「まず相手を許すことから始めよう」といったメッセージが込められていたと思います。ちょっと気持ちがささくれ立っていた私はハッといたしました・・・。

思いがけずもらったプレゼントのような時間。
音楽っていいですね~♪


かりゆし58公式HPはこちら
お台場でのライブの様子はこちら (「アンマー」の試聴もできます。)
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-02-15 22:50:14

「卒業~さよならは言えない~」

テーマ:島うた
島ネコ家の起床は6時45分。冬の間はまだ薄暗い時間帯でしたが、ここ数週間で、起きたときにはカーテンの隙間から陽が差し込んでいるようになりました。春が近づいているのを感じます。

春といえば卒業シーズン(大人になると社会が「卒業」を用意してくれないのですがね~)。今年は、大大大好きなコブクロの「桜」が卒業式を席巻しそうな予感(無料で楽譜配信なんていうニュース もありましたし)。

そしてもう一つ、じわじわと人気を集めている卒業ソングがあることを、今朝のめざましテレビを見ていて知りました。

それは、石垣島の石垣第二中学校の音楽教諭、大浜安功さんが今から10年以上も前に生徒のために作詞作曲し、以来生徒達に歌い継がれている「卒業~さよならは言えない」という歌。
sotsugyo
那覇出身の新進歌手、安次嶺奈菜子さん のデビュー曲に選ばれたことでCD化され、大きな反響を呼んでいるそうです。

こちら で試聴できます。

↑のリンク先に、大浜先生のプロフィール(多くの曲を作り、全国レベルのブラスバンドも指導していらっしゃる、凄い方なんですね~!)や曲のあらましが分かりやすくまとめられているので、ここでは詳細を省きます。

まだ一部しか聴いていませんが、ちょっと切ないメロディーがこの季節にぴったりな感じです。三線を使うなど島唄風アレンジもされているみたいなので、近いうちに全編聴いてみたいな~と思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-07-11 22:14:51

2005年夏、注目の島うた

テーマ:島うた
あ~、毎日暑くて嫌だ嫌だ.

今年はクーラーをいつまでつけないでいられるかと、頑張っているが、そろそろ限界かも。

とりあえず、トラックバックステーションで、サザンの好きな曲をあげろ、ということなので、
ベスト3(順位は付けられない)書きます。

 ・真夏の果実
 ・慕情
 ・Moon Light Lover

かな。

さて、夏といえばサザンだが、この週末、TVやラジオで蒸し暑い夏の一服の清涼剤になってくれそうな沖縄出身歌手の2曲を耳にした。



1. ハイビスカス/D51

ごくせんの主題歌を歌っていた、元気のいい2人組の新曲

これがレゲエ調でなかなか良さげ。トロピカルな雰囲気たっぷりで、テンションあがる感じ。

なんでも、「地元沖縄の夏の、とあるストーリーを描いたラヴソング」らしい。沖縄でドライブなぞしながら聞きたい1曲である。



2. ニライカナイ/MAX

最近あんまり見ないから解散したのかと思っていたMAXの新曲

沖縄ビールが新発売する第3のビール「サザンスター」(発泡酒と大麦由来のスピリッツ)のCM曲になっているらしい。

オリオン、「第3のビール」市場に参入

サザンスターか。どんな味すんだろう?
飲みたいわ~。

(人気blogランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです→)人気blogランキング
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-06-27 21:22:35

ミュージックバトン♪

テーマ:島うた
このブログによく書き込みをして下さるyujin さんとhapiko さんよりミュージックバトンを受け取りました。流行っていることは知っていたのですが、自分が受け取るとは思っていなかった!

ミュージックバトンとは(byはてなダイアリー)


せっかくご指名いただいたので、poomanもバトンを渡したいと思います。

1. PC上にある音楽ファイルの容量

 yujinさんの真似をしてみました^-^。こんな感じです。
music baton

2. 最後に購入したCD
 
 最近ほとんど買わないのですが・・・
 「BEGINシングル大全集」だったかな。「島人ぬ宝」、「その時うまれたもの」などなど、聴け
  ば聴くほど味わい深いです。

3. 今聴いている曲

 「Story」AI  
   ものすごくソウルフルなバラード。元気をもらえます。TVでもよく流れていますね。 

4. 心に残った5曲 
  
 難しいですね~。もっと他にありそうな気もするのですが、思いつく範囲で。

 「ここにしか咲かない花」コブクロ
   わかりやすい選曲ですみません^^;。「瑠璃の島」終わったばかりですから。

 「Boys on the Run」コブクロ
   アルバム「Musicmanship」より。作詞作曲コブクロが多い中で、珍しく
   馬場俊英さんというシンガーソングライターの作品。何がすごいって全てです。
   ストーリー性、歌詞、意表をつく展開、ものすごく難しい歌だと思うのですが
   それを完璧に歌うコブクロの歌唱力。胸が熱くなる歌です。
   
 「奏(かなで)」スキマスイッチ
   メロディーラインが秀逸。

 「ラブレター」The Blue Hearts
   中高時代に流行ったブルーハーツ。今聴くと、その偉大さに改めて気づかされます。
   特に好きな一曲。

 「In My Life」The Beatles
   これも中高時代より周期的に訪れるMyビートルズブーム。1曲選ぶなら、これ。

5. 次に回す方のお名前とブログ名

迷いましたが、このブログの読者になって下さっている方5名にお回ししたいと思います。
突然ですが、どうぞ宜しくお願いしますm(_ _)m
 
 「5歳児との日常英語 」のbellbellさん
 「通信市場動向コンサルティング 」のnakata162002さん
 「共同合宿所~The事実婚~ 」のjijitsukonさん
 「ハワイに始まりハワイに終わる 」のalohasachiさん
 「アナログで人物絵 」のkeriieさん

もちろん、無視していただいても、時間が経ってから回していただいても構いません。こちらの記事に気づいて、気が向かれたら、よろしくお願いします!

(人気blogランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです→)人気blogランキング

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。