メロメロパーク
2006-08-16 23:25:01

本島南部&慶良間回想記 その七(ケラマジカとの遭遇 @慶留間島)

テーマ:島旅-本島ケラマ回想記'06夏
2日目の午後。
ニシ浜でひとしきり浮かんだ 後、美しい海に架かる阿嘉大橋 を渡り、慶留間島に向かいました。
aka_ohashi
慶良間はアップダウンが結構激しい・・・時々自転車を降りて押さなければならない自分の脆弱な筋肉が恨めしかったです(-_-)。

慶留間にはあることを楽しみに向かったのですが、島に入って早々、望みはかなえられたのでした。
ケラマジカとの遭遇です!
keramajika1
auシカ 」のモデルにもなったケラマジカは、本土の鹿と比べると小柄で、優しげな目がとても可愛い(^^)。

慶良間諸島にすんでいるケラマジカは、日本でいちばん南にすむ野性のシカとして有名です。生息している島のうち、屋嘉比島と慶留間島にすむものが天然記念物として保護されています。ケラマジカは、もともと慶良間諸島にすんでいたわけではありません。今から360年ぐらい前に九州(鹿児島県)から持ってきたといわれています。本土のシカに比べると、頭やつのが小さく、体全体もやや小さめです。また、体の色もかなり黒く、メスや子ジカの背中には黒いすじがあります。亜熱帯の小さな島にすんでいるうちに、体のつくりや模様が少しずつ変化しているのでしょう。(出典:琉球文化アーカイブ

気が優しく臆病なところがあるというケラマジカちゃん。刺激しないように気をつけましたが、やはり我々にヨソモノの香りを感じるのか、立ち去るまでずーっと我々を見つめていました。
keramajika2


じぃーーーっ (^m^)













ケラマジカに遭遇したのは、木の生い茂る岩山が海の近くまで迫ったあたり。その岩山の地層があまりに見事だったのでフィルムに収めてみました。
chisou2


慶良間諸島は、宮古島のような珊瑚礁隆起の島とは違い、地殻変動によって生まれた島 です。
この岩もかつては海底にあったんですよね。
地球のエネルギーってすごいなあ、と思わずにはいられません。





さてこの自転車の旅、島夫のたっての希望により、慶留間島の途中で終わりにしました。日差しジリジリで相当ヘバってたみたいです(>_<)。

また機会があったら、慶留間からさらに橋でつながった外地島(ふかじじま)まで足を伸ばし、慶良間唯一の空港(その名もケラマ空港)を見に行きたいなあと思っています。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

島ネコさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

6 ■anemofishさま

そうなんです、天然記念物だそうなんです!
だから私もこんなにすぐ出会えるとは思っていなくて(笑)。シカちゃんが暮らせる環境がずっと守られればいいなと思います。

5 ■oyatuda-iさま

娘さんが口ずさんでいるのはCMの台詞かな?可愛いですね(^^)。
ケラマジカもかわいいですよね~。優しそうな目がたまりません。

4 ■しか

すごですね。 天然記念物なんですよね?

早速遭遇なんて。野生の鹿ってまだ見たことありません。 サルと馬はあるけど、、、。

うらやましいです。

3 ■auシカ

「auシカシカ、もらえるよ!」と娘がよく口ずさみます。
そのシカちゃんのモデルがあるとは知りませんでした。
かわいいですね~。

2 ■まちゃこさま

アハハ。まちゃこさんに踏まれるなら、auシカも本望でしょう(笑)。
auシカってまだキャラクターとして現役なのかな?とぼけた表情が結構好きです(^m^)

慶良間と一口に言っても島ごとに雰囲気が違うみたいですよね。ゆっくり巡ってみたいものですね~!

1 ■auシカ!!

友達に、この間auシカのビーサンもらいました。
『かわいい~~~~~~っ♪』と、言いつつ思いっきり履いて、かかとでauシカを踏みつけてます…(笑)

慶良間諸島はまだ慶良間島にしかいってません。
他の島もよさそうですよね~。
今度の本島旅行のときは、慶良間めぐりを日程に入れてもいいな~。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。