第四期KUMONママサポーター!ママサポーターブログ投稿第2回目テーマブログネタ:第四期KUMONママサポーター!ママサポーターブログ投稿第2回目テーマ 参加中

先日KUMONママサポーターの座談会に出席させて頂きました(→その時の記事)

その時に講演で聞いたKUMONの教材とKUMONが提唱する「一人一人にあわせたちょうどの学習」の「ちょうど」の意味についてです


まず、教材本

実際にうちの娘(つい最近足し算に入ったところ)が使用したものです↓

{909800C0-FE94-481C-8CBA-0652B4869CAB:01}

一番上が、例題になっているのがわかりますかね目

教えてもらうのではなく、例題から学ぶのが公文式ひらめき電球

例題から解き方を読み取る力を身につけるのだそうです。

全て+1の問題なのは、最初はスラスラリズム良く解ける問題で構成されているそうです。最初から難しいとやる気もなくなってしまいますよね汗



「一人一人にあわせたちょうどの学習」の「ちょうど」とはひらめき電球
ずばり、現時点でのレベルよりも一歩先のことだそうですビックリマーク

既に簡単にできること、今のレベルにあったことをずっとやっていても向上しないですもんね…聞いて納得でしたニコニコ合格

自習の楽しさを味わいながら、集中できる時間を少しずつ伸ばしていくことができる工夫が満載ですねウインクアップ



『アメママの子育てリアルボイス』はこちら