ポントリーの日常

ポントリーの日常

ホームページ制作事業所ポントリーを運営する
藤井葉が日々の日常を徒然なるままに綴ったブログ

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
うま味ってなんだかご存知ですか?

美味しいものを食べた時に感じる感覚。
うまいって感じた時の食感。

大体皆さんこのように答えられるんじゃないでしょうか。
僕も先日テレビでうま味についての特集を見るまでは、同じように考えていました。
一般的にうま味って言われてもなんだか答えづらいですよね。

うま味というのは、人間の味覚のひとつなんだそうです。
人間の舌は、五基本味という、甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の五つの味覚を感じる力があるそうです。

知ってました?
うま味っていうのは、甘味、酸味、塩味、苦味と同列にある味覚なんですよ!

ではうま味っていうのは具体的になんなのか?
例えば酸味とかってレモンが酸っぱい、甘味は、砂糖が甘いとかって答えられますよね。

うま味ってなんなんでしょう?

答えは、味の素です。
うま味は、1908年に日本人の池田菊苗さんがだし昆布の中から発見しました。
うま味物質グルタミン酸モノナトリウム塩というのを見つけたそうです。

グルタミン酸、聞いたことありますね。
そうです、このグルタミン酸がうま味物質だったのです。

味の素は、池田菊苗さんがうま味を発見した翌年に小麦粉からグルタミン酸を抽出する製法を味の素創業者の二代目鈴木三郎助さんが、完成させ1909年に発売されたそうです。

味の素って、科学調味料って言われて
自然食品の愛好家からは、嫌悪されていますよね。
行列のできる超人気ラーメン店では、一杯のラーメンに味の素をわしづかみで入れてるなんて噂もあったりします。

でも、料理を作る時にほんのちょっと入れるだけで、料理がグッと美味しくなったりするんですよね。

今では、うま味成分は、グルタミン酸だけでなく、イノシン酸、グアニル酸、コハク酸などいくつも見つかっているようです。

うま味というのは、色んな素材にふくまれていて、トマトなどは、火を通すことで、グルタミン酸が出てくるそうです。

料理の上手な人って、火加減であったり、炒める時間であったり、きっと、このうま味の出し方が絶妙なんですね。

僕も次に料理をする時は、このうま味を意識して調理してみたいと思います。

とはいえ、滅多に料理をしないんですが…。

スマートフォン作成専門のWEB事業者ポントリー
スマートフォンサイト作成のご相談は、→こちら



Ameba人気のブログ