フラ初心者さんのFAQ 3 ”お笑い編" | ポノラーちゃん達のブログ

ポノラーちゃん達のブログ

中目黒のフラ&タヒチアンダンス教室「Ponopono Hula Heart & Bodyworks」の生徒(通称ポノラーちゃん)達が共同で書いている、ぽのぽの日記です。


テーマ:

ALOHA! 

ポノラーのりょうこです。この2月でPonopono歴4年目に突入しました。

 

「初心者さんのFAQ 3」。今日は“お笑い編”でお届けしてみます♪

 

 

【中目黒Ponopono Hulaで始めるフラについて】

Q:先生はどんな感じの人ですか?

A:ゆかりん先生はかなり……、天然、というか。会うたびに楽しい気分にさせてくれる人です。

 

まじめな講師紹介は公式HPにお任せすることにして、

気楽なこちらのポノラーBlogではカジュアルな切り口で、

身内から見た講師紹介をさせていただこうかと思います。

 

愛すべき我らがゆかりん先生のエピソードは、色々と、本っ当に!色々と、

書ききれないぐらい沢山あるのですが、

私が経験したエピソードを少しご紹介したいと思います。

 

1)「ひよこ豆 誤配送事件」

通販で「ひよこ豆」をまとめ買いした、ゆかりん先生。

自宅宛に送るはずが、スタジオ宛に送ってしまったため、

大きなダンボール箱がスタジオに届いた。

「ひよこ豆」、と、でかでかと書かれたダンボール箱を脇目にポノラー達が必死にレッスンを受けるはめになった、

シュールな光景の「ひよこ豆 誤配送事件」。

 

 

2)「マ○イ棒事件」

とあるアクシデントで右手の小指を骨折してしまった、ゆかりん先生。

レッスンで使うハワイのひょうたんみたいな太鼓・イプヘケが叩けなくなってしまった。

 

手の代わりにと、太鼓の“ばち”のような棒の自作を試みた先生なのだが、

果たして出来上がったものは、割り箸程度の木の棒の先に白い布が巻いてある物体。

 

「手で叩いた時の音に近くなるように工夫しました」と本人は言うのだが、

どう見ても太鼓を叩くよりは掃除に向いてそうな形状。

 

(そんなんで、あの乾いた張りのある音が出るのか?)と

疑いの眼差しを向ける生徒達を気にすることなく、

「はい、じゃあいきまーす♪」と叩き始めた先生だが、

響いてきたのは、かなり、ポヘっとした音色……。

 

しばらくイプヘケの音の違和感に悩まされた、「マツ○棒事件」。

 

 

3)「番号違いますよ事件」

ピラティスのトレーナーでもある、ゆかりん先生。

私がパーソナルトレーニングを受けた時のお話。

 

朝イチの予約だったためスタジオの鍵がまだ開いておらずドアの前で待っていたら、

ゆかりん先生爽やかに登場。

 

ゆ「おはようございまーす! いま開けますね~! あれ? あれっ?」

4桁の数字を回して合わせるダイヤル式の南京錠をガチャガチャしている。

ゆ「おかしい。開かない。“1234”のはずなのに……」

私「……。“2134”になってますよ?」

ゆ「!! ほんとだーーーー!!!」

 

さすが先生。期待を裏切らない……。

 

そして私が帰った後、別のポノラーちゃん(かおりん)のパーソナルレッスンで、

「さっき、りょうこちゃんが腹筋の時にすごいプルプルしてたんだよ」と

人のエピソードだけを楽しそうに話し、自分の失敗は秘密にする、という

大人のずるさを見せつけた、「番号違いますよ事件」。

 

 

あぁ困った、いくらでも書けるわ~(笑)。

でも書きすぎて先生に嫌われてしまうと悲しいので、今日はここまでにしておこうと思います。

(私も色々やらかしているので、復讐がこわい)

 

 

他にもたくさん、ポノラーそれぞれが知っている“事件”があるんだと思います。

そして、ポノラー同士や、家族や他の友達に、「こないだも先生がね」と

親しみを込めて楽しくおしゃべりしているんじゃないかな、と思います。

 

いつも先生へのお手紙を書いて渡しているキッズクラスと違って、

大人のクラスはあまりはっきりと言葉にする機会はないのですが、

きっとみんな、ゆかりん先生が大好きです。

 

人を惹きつける魅力を持っている、とても素敵な女性だと思います。

 

 

Mahalo

りょうこ

ポノラーちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス