愛犬がヘビに噛まれたら

テーマ:

こんにちは!

ドッグライフサポートponoponoの辻です。

ご訪問ありがとうございますクローバー

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

先日、高円宮家三女の絢子さまが婚約内定記者会見の中で「今日あることが明日あるとは限らない」と語られていました。心に響きましたクローバーこのコの愛らしい顔が見られることは当たり前のことではないということですな。

 

毎日毎日、寝る時は私の顔をじーっと見てムニャムニャいいながら寝るのですハート 今日も明日もこの寝顔が見れますようにキラキラ

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

これからキャンプやバーベキュー、川遊びなどワンちゃんとお出かけする予定の方も多いのではないでしょうか。暑い季節のお出掛けは熱中症や脱水などに気を付けることはもちろんですが『 ヘビ へびさん 』にも注意が必要です。普段のお散歩コースに草むらなどがある場合にも、ワンちゃんが草むらに顔を突っ込まないように気を付けて下さい!

 

普段都会に住んでいらっしゃる方はなかなかヘビに遭遇することはないと思いますが、ponopono地方は山の中ですので、普通に道路をヘビが横切りますヘビ 以前アローの散歩コースに住んでいる80才ぐらいのおじいちゃまが「今年は4匹マムシを捕まえたぞ!気を付けろよ!」と言っていたので、その道はお散歩コースから却下になりました。

 

北海道~九州に生息する毒蛇はマムシとヤマカガシ

(※北海道にはヤマカガシは生息しない)

 

マムシは知ってるけど、ヤマカガシって何~??おまめ って思った方もいるだろうけど、敢えて画像は載せません。苦手な方もいると思うので。興味のある方はググって下さいませ。

 

草むらをクンクン匂いを嗅いでいたら急にキャン!と鳴いて、オーナー様もビックリすることでしょう。ワンちゃんの顔や足がみるみる腫れてきて大パニック 汗

 

とにもかくにも、すぐに動物病院へ行って下さい!かかりつけがもう閉まっていたなら開いている一番近くの動物病院へ、又は夜間救急へ!日頃から、かかりつけが閉まっていたらココ、夜間はココなど調べて、携帯へ登録しておく方がよいですね。

 

犬はマムシ毒には耐性があって死亡することは滅多にない

 

↑これ、ネットではよく書かれていることです。それを読んだ方は、「へぇ!それじゃあ動物病院行かずに様子を見よう!」と思うかもしれません。確かに耐性があるらしいのですが、死亡例もあるのです。特に小型犬は要注意です。大型犬でも体内に入ってしまった毒の量や急激に血中へ毒が入ってしまったりして死亡例があるようです。

 

毒性の比較をすると、ヤマカガシが沖縄にいるハブの10倍、マムシの3倍です。ですが基本大人しいヘビなので触れたり、踏んだりしない限り咬んでこないようです。ワンちゃんは草むらなどで排泄する際に踏んでしまって咬まれる、匂いを嗅いでいて触れてしまうなどの理由で咬まれてしまうと思いますから十分に注意してあげて下さい。

※草むらでなくても、自宅の庭で排泄させていたら咬まれた!玄関先で咬まれた!という事例もあります。

 

ヤマカガシの毒歯は奥の方にあり咬まれても、その奥歯で咬まれなければ大丈夫なのですが、小型犬のような細い足では奥歯で咬まれてしまう可能性があります。

 

咬まれるのは顔や足先が多く、特に小型犬の小さい体では毒が回りやすいので、様子などみないですぐに動物病院へ行きましょう。病院で処置してもらっても、急変しないかをよく観察してあげて下さい。適切な処置をして帰宅したダックスが急変し、入院させて治療したが死亡してしまったという報告をされている獣医さんもおられます。

 

必ずしもネットの情報があなたのワンちゃんに当てはまるとは限りませんので気を付けましょう!

 

以下のサイト↓マムシやヤマカガシのことなどが詳しく勉強できます(ヘビの写真がわんさか載っていますので苦手な方は見ない方がいいかと思います)

 

ジャパンスネークセンター様

へび百科のページに詳しく載っています。

http://snake-center.com/

 

これからキャンプやバーベキューなどへ行かれる方(人間)もサンダルで行くと咬まれやすいのでスニーカーなどで出かけましょうね。小さなお子様にもヘビがいたら絶対に触ったりしてはいけないビックリマークと口を酸っぱくして言いましょう。小学生のお子様が咬まれる事例が多いそうです。

 

ワンちゃんと知らない土地へ出かける時には、動物病院が近くにあるかを必ず事前に調べて行きましよう!熱中症になるかもしれないから保冷剤や冷たいお水(もし熱中症になった時に体にかける用)ワンちゃん用のポカリスエットや経口補水液など準備物を十分に話し合って出かけて下さいませ。

 

それでは今日もあなたとワンちゃんがHappyに過ごせますようにハート

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

ドッグライフサポートponopono

辻ゆうこ

※当ブログに記載の文章・画像の無断転用はお断り致します。

犬の脱水症状の確認方法

テーマ:

こんにちは!

ponopono 辻です お天気サンサン

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

毎日、暑い日が続いています。ワンちゃん達の体調はいかがですか?この時期は元気がない、食欲がない、嘔吐、下痢など体調を崩しているワンちゃんがとても多いです。ちょっとでもいつもと違う、体調が悪そうだという時には様子をみないでかかりつけの動物病院を受診して下さいね。

 

特に今の時期は脱水、熱中症に要注意です。下痢や嘔吐、元気喪失などで動物病院を受診した際に、獣医師がちょっと身体を触っただけで「脱水してますね」と言われたことがある方もいらっしゃるかと思います。「え!そうなんですか!」「なんで分かったの!」とびっくりしませんでした?獣医師がどこを見て判断しているかというと、、、。

 

★皮膚

★目がくぼみ、眼窩に隙間ができている

★粘膜の乾燥(唾液がネバネバ、歯肉がカピカピに乾燥しているなど)

★かかりつけのコでいつも体重を把握していれば、体重の減少

などで判断しています。

 

例えば皮膚のチェックなどは簡単にご自宅でも出来る事なので、ぜひ日頃からチェックしてみて下さい。やり方は、、、

肩甲骨あたりの皮膚をつまんで引っ張って離すだけ。皮膚の戻りをチェックします。脱水していなければシュッと皮膚はすぐに元の状態に戻ります。じわっ~っとゆっくり戻る場合には脱水している状態です。

 

あとは、いつもは唾液で口の中が潤っているのに、唾液がネバネバしていて歯肉に潤いがないなども判断の材料になります。だからいつも歯磨きをして口の中の状態を把握しておくことはとても重要なことなんですよ。

 

脱水は水分と電解質が不足しています。脱水している!と慌てて大量の水を飲ませると嘔吐してしまうこともありますし水だけでは回復しませんので、水分の補給の際には犬用のポカリスエットなどをティースプーンなどで少しずつ飲ませて下さい。

 

そして様子をみないで早めに動物病院を受診して下さいね。

とくにシニアのワンちゃんは気を付けましょうね。

 

それでは今日もあなたとワンちゃんがHappyで過ごせますようにハート

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

ドッグライフサポートponopono

辻ゆうこ

 

こんにちは!

ponopono 辻ですクローバー

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

連日、報道で今回の豪雨被害の状況が放送されています。やはり、被災者の皆さまへ細かな情報が届いていないのだと感じております。この情報が一人でも多くのペット達と避難している、家に置いてきたままにしているなどお困りの方々へ届きますように。

 

広島県獣医師会の豪雨災害支援活動が始まります。被災動物達を広島県内の動物病院(全てではないと思われます)にて無料で一時預かりをして下さいます。詳細が分かり次第当ブログでもお知らせいたしますキラキラ

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

ドッグライフサポートponopono

辻ゆうこ