Twitterのtrendsで使えるwoeid一覧(日本版)。 | ポンコツプログラマの開発日記

ポンコツプログラマの開発日記

いろいろポンコツだけど、気にするな。プログラム&ロボット大好きなポンコツが日々の記録を残していきます。
自動で収入を得られるサービスやシステムを作ることが目標!!

題名の通り、現在Twitterのtrendsのidで指定するwoeid(?)一覧を書いておこうかなと。
知りたいときに検索するのが大変だからさ。
なかなか見つからなくて毎回大変なわけですよ。。

ということで自分用で。

{"name"=>"日本","id"=>"23424856"},
{"name"=>"京都","id"=>"15015372"},
{"name"=>"福岡","id"=>"1117099"},
{"name"=>"沖縄","id"=>"2345896"},
{"name"=>"高松","id"=>"1118285"},
{"name"=>"大阪","id"=>"15015370"},
{"name"=>"仙台","id"=>"1118129"},
{"name"=>"東京","id"=>"1118370"},
{"name"=>"名古屋","id"=>"1117817"},
{"name"=>"札幌","id"=>"1118108"}

こんな感じ。
ホント、メモ程度の更新でした。


P.S.
おまけですが、ここ9ヶ月くらいtrendsのapiを使い続けてきたわけですが、わかったことを一つだけ書いておこうかなと。


あることが起きてからトレンドとして反映されるまでの時間というのは、およそ10分程度かなと。
わかりにくいかと思いますが、わかりやすく地震の例で例えると、
「地震が発生して、トレンドに地震について表示されるのが発生してから約10分後」
ということ。
あとは、テレビで誰かがこう喋ったーっていうのもおよそ10分後。
早い時は8分後とかのときもあるんですがね。

まぁ、そんな感じ。


でゎでゎ。