おはようございます。ponio20です。o(*^▽^*)o~♪
 

米中貿易摩擦はいまのところ出口が見えず、長引く可能性が高いようです。

日中貿易摩擦も同じように、日本の大企業も深刻な影響を受けていて、

いままであった産業は衰退し、日本経済は間違いなく空洞化するようで、

「新機軸」により新しい産業が創出されることが期待されます。

それは、観光立国の日本であり、

 

これまで培った最先端技術と、

 

地球環境を浄化が基本だといいます。


「みずほFG、純利益が8割減 30拠点を追加削減へ」(共同)
https://news.infoseek.co.jp/article/kyodo_kd-newspack-2019051501002056/

これは、リーマンショック級のリセッションが来たということがいえるようです。


以下 板垣英憲情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~より

三菱や東芝といった日本の大企業のトップクスラの幹部が、中国の公安のトップと面会するため、2日間の滞在といった弾丸スケジュールで、お忍びで深セン市に行っている

2019年5月17日 8時26分の記事

◆〔特別情報1〕

上皇陛下のごく側にいる吉備太秦が、以下のように話している。
「プーチン大統領が5月15日、フェイスブックでコメントを出していた。
6月28日の大阪市でのG20では、習近平国家主席とトランプ大統領の3人で打ち合わせをすると宣言を出していた。
北朝鮮問題をはじめ、いろいろな問題を仲介するとしており、それはこちらとしても定通りの流れだ。
米中貿易摩擦の最中、日本ではいま、経団連を含めて中国から撤退ということを言っているのだが、中国の公安のトップと繋がっている私の右腕の部下が、いま中国に行っているが、その報告によると、三菱や東芝といった日本の大企業のトップクラスの幹部が、お忍びで深セン市に行っているという。
しかも2日間の滞在といった弾丸スケジュールで、中国の公安のトップと面会するため行っている。
そこで、彼らが何を話しているかというと、
『このままだと、会社が潰れてしまいます。何かいい方法はないか』と相談しているのだ。
私の右腕の部下は、深セン市に2年ほど住んでいたこともあって中国の内情には非常に詳しく、トップシークレットの情報が直接入る。
三菱と東芝などの幹部たちは、さらに具体的に中国に何を言いに行ったのか?」
中国は原発を当面は止めないため、その仕事を回してくれと頼みに行った。
原発は、貿易の対象品目に入っていない。東芝と三菱だけではない。
実はいま、日本の大企業は日中貿易摩擦により、大変な状況になっている。
このままいくと、リーマンショック級の不況になるのは間違いない。
米中貿易摩擦はいまのところ出口が見えず、長引く可能性が高い。
いままであった産業は衰退し、日本経済は間違いなく空洞化する。間違いなく日本経済は衰退する。
しかし、新機軸により新しい産業が萌芽し創出されて、そこに雇用が転換できれば、
日本は衰退せずに次の時代も上昇していくことができる。
そのためには、産業も代替わりしていかざるを得ない。

続きは↓

https://foomii.com/00018/2019051707500054595


----------終了
 

ありがとうございました。o(*^▽^*)o~♪




人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ