こんにちは。ponio20です。o(*^▽^*)o~♪

昨日の米朝会談が不成立に終わったことについて説明します。

どうやら、トランプ大統領はスーパーK(偽造100ドル札)の詳細

 

知らなかったようです。

ですから、会談で、金正恩委員長から

 

偽造100ドル札の件はどうしてくれるのか」と詰めよられたとき、

トランプ大統領には、理解できず、

オバマ前大統領、ヒラリー元国務長官、ビル・クリントン元大統領

の名前が出てきたことに「ムッ」しました。

ポンペイオ国務長官はスーパーKの実態調査したときのCIA長官だったので、

この意味を十分理解していたのですが、

 

とっさののことで収拾がつかなくなりました。

それと、アメリカ国内で、

 

トランプ大統領の元個人弁護士、コーエン弁護士が公聴会で大統領は人種差別主義

 
者、詐欺師という証言を行ったニュースが入り


トランプ大統領はその夜、一睡もせず公聴会のテレビに見入っていたそうです。

こういうコンディションの中で行われた記者会見で、

 

トランプ大統領の生彩を欠いた顔が印象的でしたね。

でも、次回は3月、米中朝の三者首脳会談が予想されているようです。

ここで、はっきりしたことは

ほとんどの大手メディアがトランプ大統領の世界改革を阻止しようとして

 

偏向報道をしていることです。

目覚めた人々はメディアを信じていません。

 

これから、大きな覚醒が起きるでしょう。

 

 

以下、板垣英憲情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~をお届けします。

安倍晋三首相は、金正恩党委員長からも相手にされず、蚊帳の外、世間では、

俄かに「小沢一郎代表とアントニオ猪木参院議員の電撃訪朝」を求める声が

大きな高まりを見せている

◆〔特別情報1〕

第2回目の米朝首脳会談が失敗に終わったのが、
トランプ大統領の「大チョンボ発言」が原因で、金正恩党委員長が、折角出来上が

っていた合意書にサインするのを拒否したためだったという真相を知らない世界中

のマスメディアがこぞって誤報を垂れ流し続けている。
トランプ大統領も、28日夜、ベトナムの首都ハノイから逃げるようにして大統領

専用機エアフォースワンに乗り込んだ。
 

機内からの電話を受けた安倍晋三首相は会談後、
安倍晋三首相は、トランプ大統領が非核化で妥協しない姿勢を示したことについて
「安易な譲歩を行わず、北朝鮮の具体的な行動を促していくトランプ氏の決断を全

面的に支持する」と記者団に語った。

トランプ大統領が米朝首脳会談のなかで、拉致問題を提起していなかったと言われ

ているうえに、
金正恩党委員長から、歯牙にもかけられていないのに「KY(空気読めない)」安

倍晋三首相は、
「私自身が金正恩党委員長と向き合わなければならない」と勝手に言及している。

このなかで、世間では、俄かに「小沢一郎代表とアントニオ猪木参院議員の電撃

訪朝」を求める声が大きな高まりを見せている。


続きは(有料です。単独記事購読もできます。)

https://foomii.com/00018/2019030207300052518

---------------終了


ありがとうございました。o(*^▽^*)o~♪ 

 

    

人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ