いまだに、北朝鮮に拉致された被害者は帰ってきません。

政府の北朝鮮への対応はいまいちはっきりしません。

大手メディアは一方的に「北朝鮮は拉致問題は解決済み」という、

北朝鮮報道を報ずるだけで、何の進展もありません。

拉致被害者もその被害者家族も高齢になって、

このまま、この拉致事件の真相は闇に葬られることになりそうです。


今まで、北朝鮮という国自体が、何んだか、得体の知れない不可思議な存在でした。

調べていくうちに、そこには北朝鮮と日本の闇がありました。


今日は北朝鮮の真実!を載せます。


転載---
http://ginga-uchuu.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-5fcd.html
 

 

終戦まじかの日本は真の独立国家を目指していた。

当時、中野学校出身の畑中 理(ハタナカ オサム)という人物がいた。

その彼が第二次世界大戦で負けてしまった日本はアメリカに対して、

従属国家になってしまうんではないかと心を痛めていた。


ここに(北朝鮮)第二の日本というべき本当の独立国家をつくろうという考えのもと

しかも、日本の皇室をイメージしながら金日成を育ててというか、

支援してという背景があるんですね。


壮大なる金正日ファミリー!?








出展:中丸 薫氏「知っておくべき世界の今」youtube

 

そういう中、


金日成が一年半もロシアで取り調べを受けている間に、金日成の最初の奥様、

その人との間に畑中 理(ハタナカ オサム) 、朝鮮名は「金 策」と書くんですね。

その人物と、、、だから日本人ですね。


金日成の奥さん畑中 理の間にできた(生まれた)のが「金正日」なんですね。

実は、、、ということは、今の「金 正恩」のお父さんが金 正日ですよね。

ということは、


金 正日のお父さんは、日本人ということになりますよね。


まあ、畑中 理さんが恐らく日本の皇室のようなものを

 

北朝鮮にエスタブリッシュ(設立)したいと言う思いがあって、

実は、、、戦争中というか 戦前というか、


日本の宮家 梨本之宮家からマサ子さま

 

李王朝の殿下のところにお嫁に行ってますよね。

宮家のマサ子様その血を引くのが「横田めぐみさんのお母様」(横田 早紀江さん)

 

なんですね。

ですから

「李王朝の血を引くと同時に日本の宮家、皇族の血を引くという意味もあって、

すごく大切にされていたみたいです。




私たちの目にはほとんど映らなかったんですが、

あの  ~最近、はっきりしてわかったことは、


金 正日」さんと「横田 めぐみ」さんの間には4人の子供がいて

 

二男と呼ばれている子と金 正恩」が三男ですよ。


その下にもう一人妹がいてその最後の子がヘギョンちゃんということになります。


なので


ウランバートル=モンゴルで横田夫妻がヘギョンちゃんに会いに行きましたけど、

(表向きはカモフラージュされていて、ヘギョンちゃんの父といわれる人!

韓国人で 拉致された人ですね)

(なぜか、マスコミは真実を言わないですね)

そんな中、横田夫妻は建物の3Fで「横田 めぐみ」さんには会っています。

横田めぐみさんは自分が正室であるとか、

 

国母であるとかまでは言わなかったようです。

そこには、日本の外務省の人も立ち会っていますし、

 

日本側の赤十字の人、北朝鮮の赤十字の人が、

 

立ち会っているわけですからいつかこれは公になるでしょう。


そういうことで


すでにモンゴルの迎賓館で会われたということは、

横田 めぐみさん一家はすでに「ロイヤルファミリーの扱い

 

受けているということなんですね。

 

 

****************終了


関連記事
北朝鮮は日本陸軍諜報員(金策)こと畑中理(はたなか、おさむ)が建国した。
http://kumatube.net/2017/09/03/hatanaka/

 

北朝鮮を建国した 畑中理
https://blog.goo.ne.jp/iloverosia/e/b928f59784c8e839d06a0db31aa34e02

 


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ