世間は、病院や病人があふれかえっています。

街には病院の看板だらけ。

テレビでは薬や保険のCMであふれかえっています。

病気にもいろいろなものがあり、新しい病気も増えています。

これだけたくさんの種類の病気があると、その原因もいろいろ複雑で、

「病気がなぜ起きるか、メカニズムなんて、難しくてわからな~い!」

そう思っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、ほとんどの病気が実は同じ仕組みで起きていることが

 

最近の研究でわかっています。

無知なまま病気になったら、それこそ医者の言うなり。

不要な医療、過剰な医療の犠牲になるだけです。

自分と家族の健康を守るため、健康知識を身に着ける覚悟で勉強していきましょう!

人間のカラダの仕組みは実に興味深いです。

楽しく学んで、賢く健康を守っていきましょう。

 

************************************

さて、ほとんどの病気=病気の症状は一つだと言いました。

最近の研究が示すところによれば、病気はどれもある種の「炎症」であるということです。

炎症には、大きく分けて二つのものがあります。

急性炎症」と「慢性炎症」です。

多くの慢性病の原因は、「慢性炎症」の方になります。

急性炎症」は、傷ができたり、感染が起きたときに治すためのもので、体に備わる

 

防御システムです。

例を挙げると、ケガをすると患部が赤くはれ、熱を持ちます。

血流が増加し、白血球が患部に流れ込み、死んだ細胞や細菌が排除され、

 

新しい組織が再生し、ケガが治ります。

急性炎症はすぐに収まりますが、慢性炎症はなかなか収まりません。

慢性炎症を伴う病気には、ぜんそくやアトピーをはじめとするアレルギー。

他にも関節リウマチなど、自己免疫性疾患がよく知られています。

他にも、心疾患(心不全・心筋梗塞)、アテローム性動脈硬化、脳卒中、

 

神経変性疾患、糖尿病などがあります。

 



しかし、最近の研究では、これまで慢性炎症との関連がないと思われてきた、

 

その他の病気にも慢性炎症が関わっていることがわかってきました。

老化に伴い増加する各種生活習慣病(がん、動脈硬化、肥満)やアルツハイマー病

 

なども慢性炎症の結果である証拠が見つかっています。

そして、老化も、慢性炎症の一種です。

老化は体の器官だけでなく、細胞も、そして脳までも衰えさせます。

また、慢性炎症は、うつ病や不安障害など、精神疾患の原因にもなっているという研究も

 

あります。

ほとんどの病気の原因になっているこの「慢性炎症」、

 

慢性炎症について探ったら、自分の不調や病気の原因がわかるかもしれません。

本当の原因がわかれば、本当の治療法のヒントも見つかることでしょう。


原因のわからない体調不良にお悩みではないでしょうか?

不眠、片頭痛、 疲れ目、めまい、耳鳴り、冷え性、口やのどの不快感、動悸、のぼせ、冷え、

 

便秘、胃腸の違和感、残尿感、首・肩・背中のこり、慢性的なだるさ・疲労感…etc.

これらの体調不良の内3つ以上当てはまる方は『自律神経の乱れ』が原因かもしれません。

また、心の面でも感情的になりやすい、原因のわからない不安感、気力が出ない、

 

集中力の低下といったことがあるようであれば、『自律神経の乱れ』が疑われます。

自律神経の乱れ』が原因で現れる症状は病院で検査をしても異常がないと

 

言われてしまうことが多いのが現状です。

また、病院はそれぞれ○○科というように縦割りになっており、

『自律神経の乱れ』で生じる複合的な体調不良に対して総合的にアプローチすることが

 

難しいという事情があります。

原因がわからないという不安感がさらに体調不良を悪化させてしまうこともあります。

そもそも自律神経とはどういうものでしょうか?

私たちの体は、気温の変化や精神的ストレスなど外からの刺激に対して、

体内の状態を一定に保とうとする働き(ホメオスタシス)があり、その役割を自律神経が

 

担っています。

自律神経は呼吸、血圧、発汗、排尿、排便など、身体中の機能を活発にしたり

(交感神経の役割)抑えたりして(副交感神経の役割)、体の機能を調節し、

私たちの生命を維持しているので、自律神経が乱れると身体のあちこちに不調が出て

 

しまいます。

では、なぜこのような『自律神経の乱れ』が起きてしまうのでしょうか?

私たちは「脳の慢性炎症」にその原因があると考えています。

脳内炎症説は最近の医学界でも注目されている新事実で、慢性疲労症候群やうつとの

 

関わりが指摘されています。


脳の慢性炎症チェックポイント

このところ毎日なんだかすごく疲れる。理由もないのに気分が晴れない。

そんな場合は以下の3つの点についてチェックしてみてください。

□ 不眠、片頭痛、 疲れ目、めまい、耳鳴り、冷え性などの症状を病院で検査しても、

原因がはっきりしない。
□ 様々な薬やサプリメントを試しても改善の実感がない。
□ 複数の体調不良、疾患に悩まされている。

もし、これらに該当するようであれば、脳が慢性炎症を起こしている可能性が疑われます。
↓↓↓
REDAS株式会社(リーダス)
https://www.iyakuma.com/jiritsushinkei-monitor/


ブログランキング・にほんブログ村へ