王子様の昔(笑) | 本気を出すのはいくつになっても遅くはないよね

本気を出すのはいくつになっても遅くはないよね

自分は絵を描くのがやっぱり好きだったのかと気づいたら結構年取ってて焦ってる。一つのことに一万時間労力かければ、そこそこモノになるそうな。一日3時間で10年。気が遠くなるけど目標にしてみてもいいかも。


テーマ:





この間皆さんに拾ってもらった線画の王子様。

昔描いた設定をあげてみます。

なんで?なんて聞かないで。

単純にネタがないのです。

絵を描いていないわけではないですが、載せられるようなものがないのです。



王子様の元はどんなものだったのか、ちょっとだけ見てもらってもいいかな~(;^ω^A



***********************************************************************************

【外見】

日に焼けた褐色の肌に薄い金髪。

目の色はバイオレット掛かった青で目の周りに刺青で目張りあり。

見た目はほっそりとしてそれなりに優雅ではあるが、中味はかなりガサツで外見と一致しない。



【性格】

25才にもなるが王子としての自覚も、大人の落ち着きもまったくなし。



高級志向で常に高級な衣装に身を包んでおり、基本明るい楽天家だがそれを汚されると激怒する。



そのため剣は常にコートの下に装着している(コートを着ている時は剣を抜かないと心に決めているらしい)







【詳細設定】

本名とは別に東方風の名を持つ。名前の由来は(カーラアグルKaraaguruとは当方の言葉で黒。リーラーLilaは神の恩寵。東方風の名は「伽羅」)

王室の一族は東方でヴィと呼ばれる人よりも賢い高度の精霊と交信することができ、適性によって水や風、あるいは火や土を操れた。(西方側から見れば、エルフ的才能でもある)

そして強い力のある者はその精霊を介して、神たる火龍とも会話ができたという。

カーラアグルにもその才能は受け継がれているので、多少天空を操る力があるが訓練していないので大した力はないと思われる。

またテワランは東ヴァルガのほかの国と同様、火龍を神として信仰し、王子始め生き残りもそれに習っている。





【出 自】

 東方との貿易による利益で豊かであった東ヴァルガの南端に位置した小国、テワラン(天空の庭を意味する)王国の王子として生を受けたが、その利権に目をつけたグランディナとの戦争にて国は崩壊。



 王族は大方が殺害、あるいは人質として散り散りとなったが、当時生まれたばかりの末王子と幾人かの側近は海のゾラたちに助けられ海上へと逃れた。(王は戦いで死亡、王妃はグランディナで幽閉されているという噂)

 国民は大半が難民として逃亡、逃げられなかったものは奴隷商人に捕まったらしい。

 現在のテワランは地名として名を残しているが、海のゾラが寄航しなくなったのですっかり寂れてしまい、往時の貿易港としての面影はない。(ベイロン直轄領となっている)



 カーラアブルは15歳まで海のゾラに匿われて育てられ、16歳のときに彼らから船を送られて初めて自分の出自を知る。

船名をアル・ヴィマナ号(東方の伝説で古代の飛空艇の名)という。

 その後生き残りの部下の一身の期待を受けつつ、散り散りになって各地で国の再興を願っている国民を助け援助するため海賊に。

 だが周りの期待を他所に今のところ本人は再興に興味が薄いようで、海上の気ままな海賊暮らしを楽しんでいるようだ。

 しかしながら襲うのはもっぱらグランディナに出入りする船ではある。



一人称:俺

****************************************************************************

こんな設定が一応あります。なんなんでしょうね。いや、オリジナルです。

ワールドシェアリングってのをやってまして、それに登場させたキャラなのでした。

それにしてもなんだか随分絵が変わりました。

年月ってよくも悪くも恐ろしいですねぇ。





さて、2月はあと1日ある。明日一杯までは私も新王子様の色塗り頑張ります。

3月はアナログ一辺倒になると思いますが、途中絵は必ず最後まで仕上げるつもりでいます。

気長に見てやってください。



追記

ワールドシェアリングとは「創作された世界があって、その中に自作キャラを投下し、物語を作っていく。」ものです。

要するに、オリジナルで話を作るには自信がないし、面倒くさい。でも自前キャラを動かしてみたい。

そんな人に便利なもので、また投下された他人のキャラを絡ませて遊ぶこともできる楽しいワンダーランドです。



私の入った世界は「クリスタローシュ」といい、たまに私の絵に色を塗ってくださる「そにあ」さんという古い友人が作った世界です。

作られた世界は細かい設定までしっかりできていて、本当にすごいですよ。

興味を持った方は是非覗いてみてくださいね。

サイトは こちらからどうぞ

この王子は私も噛んではいますが、設定の80%くらいは彼女が作ったキャラです。

私はキャラデザした程度なんですよ。





にほんブログ村



にほんブログ村

ノエルさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス