きょう、1年5か月ぶりに和太鼓絆の活動が再開しました。

これまで、何度も再開のめどを立てては、

緊急事態宣言や蔓延防止、大阪モデルの赤信号など

ことごとく延期に延期を重ね、満を持しての再開です。

もうもう、どれだけ待ちに待った再開だったことでしょう!

子どもの施設での活動なので、1年5か月という期間はとても長く

高校卒業に伴い、退所したメンバーも多く

通常の3分の1の人数に減っており、皆学年が2つ上がっていました。

それでも集まったメンバーたちと再会と再開を喜びあいました。

私自身も1年5か月まったく太鼓に触っておらず、

倉庫に保管していた太鼓たちがどうなっているのかやや不安ではありましたが、

気になる不具合もなく、これまで同様に太鼓をセッティングしていざ稽古。

時間短縮、少人数、マスク着用、手の消毒、換気に加え、

新たにCO2チェッカーが導入されました。

常に横目で数値を確認しつつの稽古となりましたが、

案外、Goodの数値を維持しながら3時間稽古できました。

忘れていることもありましたが、20年以上続けてきた活動です、

身体が覚えていることに驚きながら、充実した時間を過ごすことができました。

これからは、新しいスタンダードでの再スタート。子どもたちと一緒に楽しみたいと思います。