愛の感じられない性的描写 | 夢はもうみない

夢はもうみない

頑張って生き延びた
サバイバーの私ですが
最近サバイバーであった
ことを忘れてしまうほど
幸せを感じて生きてます
スライバーになれたのかな
(=´∀`)人(´∀`=)


テーマ:

私映画を最近観ますが

 

映画はドラマと違って

 

性的描写がよくあります

 

愛の感じられるもなら

 

観られるのですが

 

愛の感じられない

 

ただの性欲を満たす

 

ためのようなものは

 

苦手でそういうシーン

 

がひとつあるだけで

 

その映画はもうダメです

 

キムギドグ監督の映画は

 

鬼才キムギドクと言われ

 

ヴェネチア、カンヌ、

 

ベルリンの国際映画祭

 

で数々の賞を受賞した

 

韓国を代表する監督

 

一度は観て見たかったけど

 

「嘆きのピエタ」というのを

 

観たらはじめのあたり

 

主人公が

 

マスターベーションする

 

シーンで私は吐き気がした

 

本当に吐き気がして

 

ナウゼリンを飲んだ

 

その後

 

なんとか観てたけど

 

気持ち悪かった

 

私は全く微塵も

 

共感できなかった

 

映画を観ているうちに

 

フラッシュバックが起きて

 

しばし頭が旅に出たら

 

身体中が痛くて苦しくて

 

フラッシュバックは

 

心身的にとても

 

疲れるものなのは

 

わかってましたが

 

久しぶりのフラバに

 

私の体調は最悪になり

 

これからは映画を

 

観る時は慎重に選ぼう

 

と痛感しました感激

 

愛の感じられない

 

性的描写は

 

私が経験したこと

 

を思い出させるから

 

義務的なセックス

 

強制的なセックス

 

奉仕的なセックス

 

そんなものたち

 

お酒を飲んでた時は

 

そんな記憶を

 

消したくて飲んでいた

 

のかもしれないなぁ

 

シラフで生き始めると

 

いろいろと躓きますえーん

 

 

 

励みになりますので 

ポチお願いします('-'*)♪

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 

にほんブログ村

 

トラウマ・PTSDランキング

マユミさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス