ヘルプマークの認知度低かった | 夢はもうみない

夢はもうみない

頑張って生き延びた
サバイバーの私ですが
最近サバイバーであった
ことを忘れてしまうほど
幸せを感じて生きてます
スライバーになれたのかな
(=´∀`)人(´∀`=)


テーマ:

 

今日は

 

カウンセリングに

 

なんとか行けました

 

いつも

 

地下鉄で出かける時

 

1駅、2駅なら

 

なんとかなるけど

 

それ以上だと

 

地下鉄の匂いで

 

発作が起こったり

 

身体が痛くなったり

 

と全部メンタルから

 

きているものですが

 

だからヘルプマークを

 

カバンにつけて

 

優先席に座ってました

 

 

そしたらガリガリで

 

しわしわで年齢は

 

かなりいってるのに

 

ミニのワンピースを

 

着た挙動不審な人

 

をみかけました

 

席があいてないか

 

通路を

 

行ったり来たり

 

ついさっき

 

吐いたのか

 

真っ赤になった

 

吐きだこが

 

手にあったので

 

しんどいかなと思って

 

席を譲りました

 

そしたらその人は

 

急に話しだして

 

早口でまくしたてて

 

「ここは歳とった人しか

 

座っちゃいけないんだよ」

 

「あなたいくつ?」

 

「私60歳だから

 

しんどくてね」ですって

 

60歳の人がする

 

格好とは思えない

 

奇妙な人でしたが

 

私はそっとカバン

 

のヘルプマーク

 

を見せました

 

でも

 

その人は知らなくて

 

優先席にヘルプマーク

 

があったので

 

「これです」と

 

説明したけど

 

人の話聞かない人で

 

「まだ若くていいわね」と

 

ヘルプマークについては

 

知らないまま無視でした

 

そのやりとりを

 

周りの人もみて

 

聞いていたけど

 

やはりヘルプマーク

 

を知ってる人は

 

いないようでした

 

ちょっぴり

 

悲しくなりました

 

目にみえない病気の人

 

もいるってことは

 

まだまだ

 

認知度低いですね

 

しばく遠出はしません

 

近所だけにしときます感激

 

 

カウンセラーさんに

 

そのことを話したら

 

カウンセラーさんは

 

新潟から出てきて

 

名古屋に40年住んでいて

 

でも出てきた時は

 

言葉がわからなくて

 

とても

 

困ったといってましたとろける

 

 

励みになりますので 

ポチお願いします('-'*)♪

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 

にほんブログ村

 

トラウマ・PTSDランキング

マユミさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス