芝学園講堂の宇宙船ぽさがたまらない | ぽむ吉マニアックス
2013-06-09

芝学園講堂の宇宙船ぽさがたまらない

テーマ:モダニズム建築


ぽむ吉マニアックス-芝学園講堂

たまたまこの付近を歩いていたんですが、びっくりしました。

なんだこの建物はと。宇宙空間で遭遇した方がさほど違和感のないこの外観。

これはきっと有名なモダニズム建築に違いないと調べたところ芝学園の講堂で1966年竣工とのこと。
僕が学生のころでは逆立ちしても入れない名門校ですが、生徒の方がうらやましいですね。


この特異な形状ですが、シアター形式の講堂だと思うと理解が早くなります。

左側のでっぱり部分から斜めへのラインは、2階観客席部分の形状です。それを屋根(?)のようにして、エントランス部分に使用しているわけですね。形態は機能に従うとはこういう建築のためにあるのかなと感じてしまいます。また、中央右のでっぱりは2階客席部分の階段でしょうかね。また、縦のラインは強度を増すための梁でしょうが、デザインとしてもアクセントになっています。ない方がすっきりする気もしますが、そうするとシンプルになりすぎるかなと。


こうした構造丸出し感が宇宙船というイメージにつながるわけですね。僕だけかもしれませんけど。


また、この講堂を調べたところ、第21回BELCA賞ベストリフォーム部門 という賞を受賞していました。外観があまり評価されていないところが納得いきませんが、きっと内装もすばらしいのでしょうね。ちなみに第一回の受賞に丸ノ内ビルヂングが含まれてることが涙を誘います。もうないがな。


街中を歩いていて楽しいのはこういうまだ出会っていないモダニズム建築に突然出会えることですね。