アトリエ ぽめのしっぽ

本郷 ちえみリアル羊毛フェルト教室です

 

ベテラントリマーが主宰する羊毛フェルト教室です

 

≪開講している教室≫

大和教室

新百合ヶ丘教室

長津田教室

ドッグサロン教室

横浜教室

お問い合わせお待ちしてます

 

 

 


たまに思うことなんですが、なんで最後のブラッシングを省略しちゃうのかな~

 

もったいない

作品が可愛いのに

ブラッシングしたらすごくよく見えるのに

思うことが多々あります

 

 

私がブラッシングの時使っている道具と作品が引き立つコームの使い方を紹介します

 

 

道具

 

①コーム18㎝

②コーム12㎝(細かいコーム、別名猫コームとも言います)

③ブラシ(ピンブラシの代わり)

④スリッカー

⑤歯ブラシ

 

いつも、この道具を使い分けてブラッシングしてます

 

 

・コーム編

 

フェルト化した作品画像(5年前制作した作品です)

 

 

ごわごわの状態です。このままですと展示することが出来ないしみそぼらしいのでブラッシングをしました。  コチラ下矢印  下矢印

 

 

ここまで変わります

 

ふわっふわです根本までしっかりとブラシが入ってます

 

 

使ったのは、たった1本のコームです

 

 

・簡単なコームの使い方

 

まず、毛先から角度をつけてコームを使います

 

最初は必ず粗い方を使います

 

 

この角度が大事です

この角度で少しづつ根本に向かってとかしていきます

 

 

引っかかる場合は

 

コームの粗い方を使って縦にとかします

 

引っかからくなったらコームを横に向けてとかします

 

根本までスムーズにコームが通るようになったらコームの細かい方でとかして毛玉がないか確認します

 

 

 

必ず、根本までコームを入れること

 

そうすると根元に空気が入って一段ときれいなコートになります

 

なんて言っても、一生懸命作った作品が大きく変わります

 

是非、やってみてください

 

このやり方は基本的なコームの使い方です

今回は作品を見てコームだけを使いましたが状態によって道具を使い分けます

今度は別の道具使うやり方をもっと詳しく載せていきますね

 

 

≪関連記事≫

誰が見てもきれいに見えるポメラニアン

しっかりブラッシングされてカットしたプードル

長い毛並みのマルチーズ

 

 

※教室では、ブラッシングのレッスンにも重きを置いています。

めんどくさいことが何より大事というのが私の考え方です

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

日常を少し忘れて一緒に羊毛フェルトやりませんか?

 

少人数制のレッスンです

 

リアル羊毛フェルト教室皆さんからの

 

お問い合わせお待ちしてます

 

 

 

■生徒様募集中の教室

にくきゅぅo大和教室(初心者の方大歓迎)

こちら 大和教室詳細

 

にくきゅぅo新百合ヶ丘教室(初心者の方大歓迎)

こちら 新百合ヶ丘教室詳細

 

にくきゅぅo長津田教室(リアル羊毛犬カットに特化した教室)

こちら 長津田教室詳細

 

にくきゅぅoドッグサロン教室(更にレベルアップしたい方の教室)

こちら ドッグサロン教室

 

にくきゅぅo横浜教室(ワンちゃん同伴出来る教室)

こちらワンちゃん同伴できる横浜教室

 

 

にくきゅぅo過去作品にくきゅぅo

 

東京都美術館 出展作品 ポメラニアン
作品名 『ボス犬、愛のムチ』

 

プードル ショーカット 
コンチネンタルクリップ