バイリンガル育児 日本語教材 おすすめは?

先日JapanTimesのインタ―ナショナルスクールフェアに参加した時に、幼稚園から高校までインタ―ナショナルスクール卒業で日本語も英語もペラペラのバイリンガルの女性に出会ったので質問してみました。

彼女は両親が家庭学習で日本語の漢字や読み聞かせ、国語力をつける教材などをしっかり教育していたそうです。

 

本人はスパルタだとおっしゃっていましたが(笑)

 

インター卒業生のAIKOさんが子供のころに日本語学習でやったものをまとめておきます。

漢字ドリル

私も小学生の時一つの漢字につき10回以上何回も書いた記憶が。
しっかり反復練習することで漢字を覚えるんですね!

 

こどもチャレンジ

チャレンジって、私も昔やったことがあるけど、

確かに教科書を読み解く、日本語の読み解き方をわかりやすく解説してくれている。

難しくないのがよいですね~

絵もたくさんあるし。

漫画

日本語を勉強する、、となると堅苦しくて子供が嫌になる(><)

でも楽しく日本語に触れることができるのが漫画!

 

私はジャパンタイムズ主催のインタ―ナショナルスクールフェアに参加した時に、抽選会があって、

なんと、外国人向けの日本語勉強本が当たったんです!

 

Konnichiwa, Nihongo! こんにちは、にほんご!

英語と日本語の対応しているので

子供がインターナショナルプリスクールに通ったら読ませてあげようかな。

幼稚園5年生くらいになったら読めそうかなぁ~?

 

ほかにもJapanTimesから外国人向けの日本語の教科書が出ていて、英語の理解>日本語の理解で育っているインターナショナルスクール生には英語版の日本語の教科書・教材も読みやすいとのことです(^^♪

 

七田式右脳勉強

英語ができる、日本語が話せるだけじゃ国際人としてはだめで、

英語も日本語もツール(手段)として使いこなせること。

そのためには素頭の良さ、記憶力の良さも大切

スケートの本田真凜選手も通っていた七田式は子供の潜在能力を引き出すのにとても有効!とのこと。

おうちで家庭学習ができる七田式の教材はこちらです。

右脳・左脳・心をバランスよく育てる!【 はっぴぃタイム 】

うん、日本語も英語もどんどん勝手に覚えていって使いこなせる頭になるのは、子供にとってとっても役に立つ~(^^♪

 

AD