「筆圧が高そうな人物」 | BOOTS STRAP 外国語と ゆかいな哲学の館

BOOTS STRAP 外国語と ゆかいな哲学の館

ありふれた日常を考察する
<芦屋・三宮>

最近、手紙や葉書の類を書くことはめっぽう少なくなった。
年賀状も明らかに少なくなったし、届く賀状と言えば
ほとんど宛名も本文も印刷のものが多い。
だけども、これが今の常識と言えるスタイルである。
当方としては、その年賀状をワープロが登場するとともに粋がって
両面ともに印刷で送ったところ、「こんなの貰ってもありがたくない」
と言われたことがショックで、それ以来、宛名、本文ともに手書きを続けている。
最近は枚数も格段に少なくなり、手書きで十分に対応できる。
おまけに、毎年、幾枚かを書いていると、字だけは、
この歳になっても成長するのがわかる。
それもあって筆ペンではあるが「今のご時世に..」と言われつつも書いている。

ただ、普段の生活では葉書や手紙は一切なく、伝達ツールとしてSMS や
メール、LINE などを使っている。
昔ならば、手書きの手紙などを貰うと送り主のいろいろが分かったものだった。
字の綺麗や汚いだけでも人柄を推測することができたり、
丸文字などの文字の形はもちろんのこと、数字の書き方一つでどんな経歴かもわかる。
メールやSMS で貰う情報では、あまりに少なすぎる。

司馬遼太郎のエッセイに、「筆圧が高そうな人物」などの表現があった。
実際に昔はそのような表現が日常的にあった。
司馬遼太郎氏がそう表現する人物には、嫌悪感やケムたさが出ていた。
「筆圧が高い」という表現に含まれているものを挙げれば、
実直であること、カタブツ、悪く言えば、クソ真面目で我を通す人、意固地。
神経症的側面を持っているとも言える。
司馬遼太郎氏が苦手としていた人物でもあった。
手書きの手紙をもらったりすれば、
そういう傾向を斟酌しながら付き合うこともできたが、
PC 上に現れた文字を見ても相手の性格や経歴を感じることができない。
今の時代、手書きの筆は使うことは、ほぼないが、
「筆圧の高そうな人物」と感じる人たちは、現代でも間違いなく居る。
私もちょっと苦手...


*無断転載を禁止します*严禁复制粘贴**
本"Boots strap"博文禁止复制粘贴。如有发现,本人将采取法律措施。

*2カ所のブログランキングに参加しています。
↓↓下のアイコンにポチッとお願いします。押すとランキングのページに行きます。お手間ですが戻ってきて、もう一つ下のアイコン(にほんブログ村)にもポチッとして頂ければ、、。

エッセイ・随筆ランキング
↓↓ にほんブログ村は、こちら。  
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

フレンドリーでリーズナブルな外国語スクール
*外国語リニア
芦屋市大原町7-8-403

*ALEX外国語スクール
神戸市中央区旭通5-3-3 5F

<了>