西川(兄)です。

 

自民党総裁選、ロクな候補がいません。 あの中だと、河野氏一択しかないはずでしたが、結果は、岸田氏の勝利になりました。

 

接戦の決戦になった時点で、岸田氏の勝利は決まりました。

 

何故なら、高市氏と共闘していたからです。 しかし、河野氏はまともであるが故に、高市氏やましてや野田氏などと共闘なでできなかった。

だから、苦し紛れに石破氏と手を組んだわけですが、これは失敗でした。

 

ただ、マスゴミが推しまくっていた高市氏にだけはならずに本当に良かった。その意味では最悪の事態は避けられたって事です。

 

しかし、そんな候補に180票も入ったり、野田氏に60票も入るなど、自民党の凋落ぶりが目につきます。

日本がどうして悪化衰退してきたのか、まだ見えてないどころか、勢力をましているのが、気がかりです。

 

河野氏の敗因は、三つ。

 

・まともな人過ぎた事。 まともだからこそ、岸田氏や高市氏らの悪辣な政治屋的な合同合作、してはいけないきれいごと公約などの事を口走る事が出来ず、ぶれてしまった。 このブレのため、少し票を落としてしまった。

 

・マスゴミが、相変らず、まともな人を潰しにかかり、それに影響された愚かな国民がまだ少なからず居る

 

・石破氏と組んでしまった事で、安部氏系からの票を失った

 

という事でしょう。 いずれにせよ、自民党の中での派閥なども原因しますが、見る目のなさですね。

 

しかし、岸田氏も、なったのですから、ここは、安部のゴミミクスで壊れた日本を取り戻す方向性でいってほしいものです。

今の女の都合ばかり優先されて、男性の本能や都合を無視したくそ社会が続く限り、日本の衰退は絶対に止まりません。

 

学力潰され男子や、メンタルダメ女子の激増を早く止めるためには、1980年代までの元の社会に戻していかねば。

 

あと何度も言いますがね、管氏、悪くはなかったです。 ゴミメディアに印象操作されてしまう、この状況をなんとかせねば。。。

 

マスメディアに規制が必要です。 

 

 

 

日本はマスゴミの偏った報道で、どんどんクソ化しています。株式市場だけではなくです。女性積極活用法なんていう憲法14条違反の世紀の悪法の成立をマスゴミが煽り立て、それを全会一致で可決してしまうような政治家にも問題があります。

 

良い社会というのは、公正で納得性があり、しかも、多様な価値観が共存できる社会。価値観を押し付けて強制してくるような法など

あり得ません。

 

そもそも、指標にすらならない(理由は他記事参照)男女賃金格差などを理由にして、結果を強制し、女性だけが差別されていたかのような印象操作を繰り返してきたマスコミと教育の責任は非常に重いわけです。 教科書からして良くなかったわけですね。

 

皇統を韓国系にのっとらせようと、女系天皇や女性天皇というとんでも論を主張し、印象操作して国民に植え付けまでしています。日本を壊してきた元凶です。 秋篠宮と聞いて、イメージが悪いと思い込まされている人も増えてしまいました。が、それこそ、マスゴミの思うツボ。 そういう人のほとんどは、何が悪いの?具体的には? と言うと、まともな答えが返ってきません。

小室氏の悪評は、女系=駄目だと言う意味なのに、女系駄目を秋篠宮家=駄目という話に刷り返られてしまっている事に気づきすらできない残念な国民がやたらと多いわけです。

 

女権活動家や、マスコミの人にも言いたいわけですが、あなたがたのやってる事は、害でしかない。見識泣き志が色んな人の人生を潰し、悪影響を与え、幸福を潰してきたとも言えると。 邪推すると、韓国のために日本を悪化させたいがためにやってきたとも思えるわけですが。

 

政治家はマスゴミに影響される有権者の顔色を伺いますから、結局、マスゴミに影響受けてる人が多すぎる現状、マスゴミの力をもっと削がないと、日本はますますクソ化していくでしょう。

 

まず、私たちに出来る事は、自分たちの見る目を早い段階から出来るだけ磨いて、そして、メディアの作り出した空気感を否定出来る事です。 これ以上マスゴミをのさばらせてはいけません。 日本はどんどんクソ化しますよ。

 

 

 

 

 

見る目を磨き、情報の取捨選択のためにもなる本が出版できました。日本の課題についても触れています。

売り切れないうちにどうぞ。