【polish-style jewelry】 スタッフblog-ルビー7
【ルビー】

【象徴】:情熱・威厳・仁愛


ルビー(RUBY)の語源はラテン語で「赤」を意味する『ルビウス(RYBEUS)』からきています。 その独特の深い赤色は、女性らしい情や魅力を最大限引き出してくれる宝石として古来より親しまれてきました。 また、魔除け・永遠不滅の象徴として、戦いに赴く戦士や出産のお守りとして大事にされてきました。


ルビーは結婚40周年を祝う宝石です。また、赤ちゃん誕生の際のお祝いの贈りものとしても最適です指輪


ルビーの中で最高級品とされているのが“ピジョン・ブラッド(鳩の血)”と呼ばれている色です。その鮮やかな深い赤色がまるで鳩の血の色とそっくりであることからその名がつきました。


また、ルビーの中にはカボッション(ドーム型)にカットした時に見られる、4条または6条の星状の光の効果(スター効果)を放つものがあり、これを『スタールビー』と呼びます。スタールビーはとても稀少価値のある宝石です。スタールビーは、結晶中に酸化チタンのシルク(絹糸のように細かい針)状の不純物が、平行に整列、そして120度の角度で交わっている場合にのみ起こります。まさに奇跡の石宝石赤


そんな、奇跡の石『スタールビー』の放つ3本の光線は、それぞれ『希望・信頼・運命』を表すと云われ、古来より魔よけと招福のお守りとされてきました。


そんなルビーにまつわるお話をひとつ耳


昔、当時のイギリスの国王「ヘンリー8世」にはキャサリンというお妃がいました。
とある日、キャサリンは自分の持っていたルビーが色褪せていくのに気づいたんです。それを見てキャサリンは何か嫌な予感を感じました。 その後、嫌な予感は的中してしまいます。しばらくして国王は侍女を妻に迎え、キャサリンは離婚を余儀なくされてしまうのです 。


後に国王は王位を剥奪され、これをきっかけに宗教革命が起こりました。たった一つのルビーから、国を巻き込んでの大革命が・・・と言ったら大げさすぎるかもしれませんが・・・


このように、ルビーには持ち主に色の変化で危険や災難を知らせるという言い伝えもありますひらめき電球


ルビーは、コランダムと呼ばれる鉱物の一種でサファイヤ(9月誕生石)と同じ仲間です。なので、主な成分は一緒です。 コランダムの中で赤い色をルビー」それ以外の色を「サファイヤ」と呼んでいます。


主成分のなかに1~2%の酸化クロムが含まれてると赤みが出ます。ルビーには他に酸化鉄や酸化チタンが含まれていて、鉄が多いと黒みが増し、チタンが増えるほど紫や青が強くなります。


ルビー(&サファイア)は、ダイヤモンドに次ぐ硬度を持つ宝石で、衝撃に対する抵抗力、靱性(じんせい)はむしろダイヤモンドよりも優れています。薬品や熱にも比較的強く、退色性もないので他の石に比べると比較的扱い安い宝石といえますアップ


なので取り扱い・保存に関しては、他の石と同じように大事にしていれば間違いないでしょうニコニコ


◆水仕事やお化粧時には着けない。

◆家事をする時や温泉にはいる時などは外す。

◆保管は、他の宝石とぶつからないようにする。

といったことをしとけばOKグッド!



毎回、石ごとに取り扱いについてそれぞれ言ってますが、結局どの石も同じように細心の注意をしてあげれば、よほどのことがない限り、壊れることはあまり無いでしょう。


ルビーは、身に着けると、魅力的に輝き、目標に向かって行動する勇気が生まれるといわれています。

自分に自身をつけたい人、何かを始める際に揺るぎない信念を持ちたい人、 この情熱的な赤を手元に持って、その思いを成就させましょう 音譜



************************************************
【ポリッシュ・スタイル ジュエリー】
http://jewelry.polish-style.jp/  

思い出に残る世界で1つの結婚指輪・婚約指輪を製作しているオーダジュエリーショップのポリッシュ・スタイル ジュエリー【polish-style jewelry】洗練されたオシャレなデザインを提案します。
************************************************