【polish-style jewelry】 スタッフblog-ガーネット1

【ガーネット】

象徴:真実・友愛・貞操



名前の由来はラテン語の“granatum”グラナトゥム(種がたくさんある)からきていて、ある科学者が、初めてガーネットの結晶を発見した時に、ざくろの実を連想したところからきています。和名も「柘榴(ざくろ)石」と呼ばれています宝石赤

ガーネットは結晶自体がまるでカットされた宝石のように美しいです。昔のジュエリーにはガーネットの結晶をそのまま使用したものもあります。一般的なガーネットは赤色を連想しますが実は14種類のグループ(ガーネットグループ)に分かれていて、種類によって色も異なります。

赤のほかにも緑、オレンジ、透明なものまで青以外の様々な色が存在します。また、アレキサンドライトのように光源によって色を変えるもの(※でも青色には変色しません)や、スター効果を表すものも存在します。(ガーネットのスター効果は通常4条のスターが現れますが、まれに6条のスターを現すものも存在します)一般的にガーネットと呼ばれている赤~赤紫のガーネットは「ロードライトガーネット」などが多いようです。鉱物としてはそれぞれの種が独立してますが、自然界で産出されているものはいくつかのものが混ざりあっているのが普通です。

まるでぶどう酒のような深い赤色のガーネットは、その色から血液を連想させ、そこから血液に関わる効果が言い伝えられてきました。血液の循環を良くし、心臓病の治療に用いられたり、体内の老廃物の排出・毒素の排除などの効果があるともいわれています。その他、医薬的効能を持っていると信じられていて、熱病や黄疸の薬として処方されていたこともありました。 また、持つ人に普遍的な愛情を約束し、忠実さや貞節を守る力があるとも言われています。

ガーネットは、紀元前にすでに知られていて、聖書にもその名が見られます。当時は、ルビー・ガーバンクルと呼ばれていたようです。今でも、ライトレッドのカボッションカットの物は、ガーバンクルと呼んでいるところもあります。


旅行者は、ガーネットを魔よけのお守りとして大事にしました。この魔よけが旅行者の健康を維持し、災難から身を守ったとされています。その中でも、1月生まれ(つまり、誕生石)の人は、2倍の効能があったと言われていました船


硬度は種類によって異なりますが、ほとんどの種類は7~7.5の間におさまります。具体的な取り扱い、お手入れ法は、通常は布で乾拭きしただけで充分です。特に汚れがひどくなってきたら、洗剤をつけた歯ブラシで洗いましょう。ただし!強い衝撃は与えると割れる可能性があるので・・・


◆他のリングと接触しないようにする。

◆絶対落とさないようにする。


これは守りましょうひらめき電球


************************************************
【ポリッシュ・スタイル ジュエリー】
http://jewelry.polish-style.jp/

思い出に残る世界で1つの結婚指輪・婚約指輪を製作しているオーダジュエリーショップのポリッシュ・スタイル ジュエリー【polish-style jewelry】洗練されたオシャレなデザインを提案します。
************************************************