『ジューンブライド』この由来について

*****************************
幾つかの説がある中で、有力とされてるものをご紹介致しましょう。


『ジューンブライド』
直訳すると「6月の花嫁」になります。もとはヨーロッパで始まった風習で、6月に結婚した花嫁は幸せになれると云われてきました ラブラブ

英語で6月は「June(ジューン)」この月名がローマ神話の結婚をつかさどる女神であるジュノー(Juno)からきているため、結婚・出産を司り、家庭・女性・子どもの守護神であるこの月に結婚すれば、 花嫁の幸せは約束されるというものです。


ギリシア神話ではジュノーは『女神ヘラ』という名前で出てきます。ヘラは女神の最高位にあり、つまりヘラの守護月【6月】に結婚すると、花嫁はヘラの加護を受けて、一生幸せな結婚生活ができるというのです。
余談ですが、このジュノーかなり嫉妬深いといううわさが・・・ガーン
ゼウスが他の女神や女性に少しでも気が向こうものならさあ、大変っ!相手本人はもちろん、相手の周りの人達にまで嫌がらせをしてしまうという怒らせたらとってもこわ~い女神様です・・・・

欧米ではこの「ジューンブライド」かなり根付いてます。
その理由は、6月のヨーロッパは一般的に晴天が多く、農耕作業が一段落する時期でもあったので、結婚式を挙げるのに適した季節だったのですブーケ2

さらに、その昔ヨーロッパでは(3、4、5月)の3ヵ月間は結婚することが禁止されていて、6月は結婚が解禁になる月であるため、6月になっていっせいにカップルたちが結婚し、 周りの人達からの祝福も最も多い月だったということです。

では、日本にこのジューンブライドが伝わったきっかけはというと・・・

日本で6月といえば、梅雨ですね雨
雨は降るわ、湿気はすごいわ、蒸し暑いわで、結婚式に適した時期とはなかなか言えませんよね。やはりかつてはこの時期の結婚式少なかったみたいです。

そこで、ブライダル関係者がこの6月の売り上げ低迷期になんとか客を集めよう!・・・と考えた結果、ヨーロッパの“ジューンブライド“に辿り着き、日本に持ち込んだ。というのが日本での始まりと言われています。

なんか、急に現実的なお話が出てきましたね。

現実的といえば、例えば結婚の決まった女性が仕事をキリ良く3月で退社する。仕事を辞めてから結婚式の準備を始めて、万端で式を迎えられるにちょうどいいのが6月だ。ということもあるようです。

なるほど!!ジューンブライドってこういう云われだったんですね。
この話を聞くと、6月に結婚したくなりますね音譜



************************************************

【ポリッシュ・スタイル ジュエリー】

http://jewelry.polish-style.jp/


思い出に残る世界で1つの結婚指輪・婚約指輪を製作しているオーダジュエリーショップのポリッシュ・スタイル ジュエリー【polish-style jewelry】洗練されたオシャレなデザインを提案します。
************************************************