最近、BMWをはじめ各メーカーは積極的にディーゼルエンジンを搭載したモデルを売っています。

 

私の家族用も、今回ディーゼルエンジンにしました。

 

メリットはやはり燃費。

 

待ち乗りでは、回転数は1000回転ほどでトルクでグイグイ入ってくれますし、

 

燃料代も安い。ハイオクガソリンと比べて1L辺り、40円~50円も安い。

 

 

 

 

しかし、少し昔は環境問題のやり玉に上がっており、

 

当時の東京都知事の会見は衝撃的でした。

 

 

石原さんは、国に先駆けて都独自の条例を制定して、

 

他府県からのディーゼル車が、東京都を通過出来ない様にしました。

 

そしてディーゼルエンジンは衰退していくかと思いきや、

 

クリーンディーゼルと銘打って、現在の主流になりつつあります。

 

私は整備士として、新たな技術でススの出ないエンジンを開発したと思いこんでいました。

 

でも、実際はマフラーにススを貯めて、外気に出さないフィルターを付けただけでした。

 

BMWではこちら。

 

 

『ディーゼル微粒子フィルター』部品代は、40万円程。

 

更に工賃が加わると50万円コース。

 

 

このフィルター、勿論詰まります。

 

定期的に、車両側でクリーニングをするらしいのですが、

 

それでも、最終的には詰まってしまい交換です。

 

 

ある業者さんでは、これを外して強制的に内部の洗浄を行っている所も有るそうですが、

 

それでも、脱着洗浄で工賃はそれなりに、、、、、、

 

 

そこへ、当社のメインで使っているオイルメーカー『Wako’s』さんの営業担当者の方がいらして、

 

この微粒子フィルターのクリーナーを売りこみに来ました。

 

話を聞いていると、フィルターのセンサーを外して、クリーニング剤を注入。

 

その後、試乗をして薬剤を吐き出す工程のみ。

 

ダイアグノシスの診断、施工後に再度診断が必要ですが、

 

当社のスタッフの自家用車2台を試したところ、

 

両車とも、トルクアップ、パワーアップが実感出来たそうで

 

定期的に施工をすれば、フィルター交換をしなくても良くなりそうです。

 

 

その他、インジェクター洗浄には『ディーゼル1』

 

燃焼室の洗浄には『フューエル1』

 

 

これらの施工で、ディーゼルエンジンが蘇りますよ!!

 

施工は日帰り整備で可能ですし、

 

車検や12か月点検等のお預かり時にもご提案いたします。

 

ディーゼル車に乗りの方。是非ご検討下さい。

 

 

 

 

 

 

今週も沢山の差し入れありがとうございました。

 

E46型 318iのI様   お菓子の差し入れありがとうございました。

 

E46型 B3TのI様   お菓子の差し入れありがとうございました。

 

E46型 323iのS様  プリンの差し入れありがとうございました。

 

E66型 750iLのM様   ジュースの差し入れありがとうございました。

 

 

 

 

By スタッフ一同。