■書評:面接の達人 2011 バイブル版 中谷 彰宏著 ダイヤモンド社 | 『逆転の内定請負人』の就活必勝ブログ!

『逆転の内定請負人』の就活必勝ブログ!

日々、就活生の支援の活動をしています。
そこで、思うこと、感じることを書いていきます。

少しでも、お役に立てれば嬉しいです。
情報の出し惜しみはしません。
全力で行きます!!

面接の達人2011 バイブル版 (MENTATSU 1)/中谷 彰宏
¥1,260
Amazon.co.jp


■概要


いわずとしれた、面接本の元祖。

バイブル的存在。


20年以上、

書店に並んでいるのでは?

表紙だけ変えて・・・。


■雑感


この本の著者の中谷氏は

元CMプランナー。

15や30秒で

その商品の魅力を

伝える仕事をしてきたとのこと。

このことに、

この本の内容が要約される。


この本では

就活生を商品と例え、

それを短時間で

いかに効果的に魅せるかに

ついて述べられているのだ。


具体的にいうと、

面接で言うべきは、

自己紹介と

志望動機のみでいいと書き、

そして、自己紹介では、

自分のクライマックスを、

いきいきと具体的に語り、

志望動機は、

いかに自分が会社に

利益を与えられる人間かを語れ、

と解く。

このシンプルな考え方だからこそ、

長年、就活のバイブルとして

読み続けられたのだろう、と思う。

納得、共感できる部分は多い。


ただ、

あえて苦言を呈すならば、

そろそろ本格的な改定が

あってもいいと思う。

昨今の就活は、

ESの重要性、ネットの活用

グループ面談

またはグループワークが

必須になり、

さらには最終面接でも

5割近くおちる時代だ。

出版当時の就活と

大きくことなっている部分も多い。

『就活のバイブル』とのたまうなら、

是非、善処していただきたい。


追伸

業田良家氏の挿絵(漫画)が

いい味だしてますグッド!


読者登録してね ペタしてね