治療開始

テーマ:

PET-CTの結果、ステージⅣb

MRIの報告書では子宮頚部に66mm大の腫瘤があって広範囲のリンパ節への転移があるとのこと

なので手術はできず放射線と抗がん剤で治療を進めると告げられた

放射線は土日祝日を除いて毎日の28回、抗がん剤(シスプラチン)は週一で7回

唯一救いはシスプラチンは「毛根に影響ない」ということだけ・・・

徐々に体が抗がん剤と放射線治療で弱っていく

抗がん剤2週目から高熱が出るようになった

3時間おきに39度超えの熱が出る

熱が出る前は必ず寒くなる

掛け布団2枚かけてるのに凍えるように歯がガチガチ鳴り出す

すると一気に熱が出てしばらくすると大量の汗とともに熱が下がる

そしてまた3時間後

慣れてくると熱が出るタイミングも分かり処方してもらったボルタレンを飲む

飲んでも熱は出るけど冷める時間が早い

最初の頃はそうやって熱も上手にコントロールできたのだけど抗がん剤の回数が増えるたび白血球は減少して行き熱が出てもなかなか引かずやっと「熱下がったー」と思ったらすぐにまた熱が出る日々が続きだし身も心もへとへとになった

一番厄介なのはシスプラチンの副作用で吐き気、味覚異常による食欲減退

好きだった食べ物がだんだん食べれなくなっていくあの恐怖

好きだったのに思い浮かべるだけで吐き気がしてくる

最後にはもう水すら飲むことが出来なくなった

163cm、53kgあったわたしの体重は2ヵ月後の退院時には44kgまで落ちた

入院からしばらくして筋肉も一気に落ち20歩程度しか歩くことが出来なくなった

幸運なことに部屋からトイレやシャワー室、洗面所、ランドリーが全て20歩以内だったからなんとか生活は出来たけど急に歩けなくなった時は愕然とした

恐るべし抗がん剤と放射線治療