Not Take & Give, Let's Give & Take

Not Take & Give, Let's Give & Take

人の成功に貢献して自分たちも成功していこう!

Amebaでブログを始めよう!

私たちの会社は今までにカンボジアの農村部に、

提携しているNPO法人を通して小学校の校舎を3校ほど寄付してきました。

貧困から抜け出すにはまず教育であり、
子どもたちが教育の機会を得られることにより、
未来への可能性が開かれると考えたからです。

 

しかし、各家庭の事情によって親の世話や家業の手伝いで、

学校に通える子どもが少なく、

生まれた場所・土地によって人生の可能性が大きく左右されているのが実情でありました。

 

そこでこの問題を解決する次のステップとして、

貧困農村部の「世帯収入」を上げること、

これによりさらに多くの子どもたちが学校に通うことができるようになると考えております。

(次回のブログでプロジェクト内容をご紹介いたします)

 

先細る日本経済を背景に、自社の繁栄と利益のみを考える企業は今後は淘汰の時代を迎えることでしょう。
ビジネスを通して社会に貢献し、社会の課題に挑戦していくことは企業にとって当然の使命であり、
これは綺麗ごとではなく、CSRを行うことは企業の存在意義に係わることだと考えております。

 

「介護にカンボジアの社会貢献が関係あるの?」と皮肉交じりに言う人もいるかと思いますが、

「人のため」になることだった何でも良いのです。

要は「与える」というマインドを育てるため。

人は他人の成功に協力することで自身も成功していくのです。

 

 


 

最近、一般社員と幹部社員との意識の差を感じます。
・賃金に不平不満を言う。
・会社の待遇に不平不満を言う。
・同僚や上司の不平不満を言う。
これはほとんどが一般社員です。

能力のひとつに「影響の輪」があります。
「自分が影響できると思う範囲」のことで、
ほとんどの問題を解決できると考えていれば、その人は能力が高い社員です。

ほとんどの問題を解決できないと考えていれば、その人は能力の低い社員です。
経営者に近づくほど「自分が解決する問題だ」と捉えています。
社員でも高い収入を得ることができる人は問題に対して他人事ではなく自分事で考える人です。
問題を解決するためにさらに能力を高めることでしょう。
一方、社員でもレベルの低い人たちは、問題があっても、自分が解決する問題ではないと他人事に考えています。
「社内の問題は自分たちの問題ではない。会社が解決することだ」と考えれば、不平不満はどんどん増えます。
「私の責任ではない」といった言葉は、
「私には解決する能力がない」と自ら言っていることと同じです。
もし、ほとんどの問題を解決できると考えているのなら、不平不満は出てきません。
不平不満を言ってもなんの解決にもなりません。
不平不満を言う代わりに、解決する方法を考え提案してみてはどうでしょうか。
経営者でも上手くいっていない人は、「景気が悪い」などの多くの問題を解決できない問題と考えています。
恋愛でも人間関係でも上手くいっていない人は相手に原因があると考えています。
不平不満は言えば言うほど自分の能力を下げます。
なぜならば、自分の責任ではないと自分を説得してしまうからです。
そうなると、全く成長することもなく、評価もされません。
評価がされないと収入も上がりません。
収入が上がらないとまた不平不満を言います。
不平不満を言うからまた成長しない…。
と、こんな負のスパイラルにはまっています。

不平不満は言わず、解決方法を考える人になりましょう。

僕本人には良い顔して接し、裏では僕を貶めるような悪口・陰口を言う人がいました。

本人は「冗談で言っていた」と弁明しているようですが、とても卑怯な言い訳です。

嘘や作話などかなり悪意に満ちた意図的な印象操作もあり、これは立派な犯罪です。

とても「冗談」のレベルではありません。

虚偽の事実を用いて僕個人の信用棄損と業務妨害を企てた加害目的による犯行であり、これを裏付ける客観的証拠や証言も入手しています

(その気になれば訴えてぶっちぎりで勝訴できます 笑)

言ったことすべてを「冗談」で片づけられてしまったら、この世から悪人はいなくなります。

いい大人なんですから自分の言動には責任を持ってくださいね。

卑怯な言い訳はますます信用を失くしますよ。

 

さて、前回の悪口・陰口ばかり言う人間についての考察 の続編にもなりますが、

もっとこの件について掘り下げてみようと思います。

今回の件は、過剰なほどの自己愛が引き起こしている人格障害が原因なのでは?と仮説を立て、

思い当たるフシのある自己愛性人格障害の特徴http://www.jikoaitaishohou.net/entry236.htmlより引用させていただきます。

 

○嘘をつく→

自己愛性人格障害の人は、「自分が完璧であるために」、「周囲から羨ましがられる  存在であるために」嘘をつくことがあります。

周囲の人間からは、「見栄っ張り」としか思われないのですが、自分自身を特別な存在であると思っているがゆえにつく、全く悪気のない嘘です。

ミスをした時には「自分が悪い」と思われたくないという心理が働き、正当化するための嘘をつくことが多くみられます。

友人や恋人、配偶者は自己愛性人格障害の「嘘」に振り回されないようにしていても、何が嘘で何が本当なのかわからなくなることから、付き合っていくうちに疲れてしまうという方も少なくありません。

 

○記憶障害→

自己愛性人格障害の人は、過去の対人関係の記憶を自分にとって都合の良い様に無意識に改ざんします。また、自分に非がある出来事が起こると受け入れる事が出来ず、空想の世界に逃げ込んだり、都合の悪い事を喪失(「解離性健忘」と言います)する事があります。

周囲から見れば「嫌な事をされた事は執念深く記憶しており、逆に自分が攻撃した事は一切忘れ、嫌な事をした相手を怨み続ける」という様に、自己中心的な存在であると受け止められます。

記憶の改ざんを行うと共に、自己愛性人格障害の人は妄想もする為、それが上手く当てはまる状態にあると、事実では無い事を事実である様に話し出します。

例えば、誰かに対して暴力を振るい、やり返された経験を、相手に自分が暴力を振るわれたと記憶を改ざんし、「無抵抗の自分に暴力を振るった」として相手を非難する事があります。

また、自己愛性人格障害の人が誰かに何か良い事をした事はずっと記憶として残りますが、誰かに良い事をしてもらった記憶は簡単に喪失してしまう為、相手に対して感謝する事が出来ません。(誰かから良い事をしてもらうのは当然の事である、という認識をしているせいもあります)

もし自分が他人に褒められる様な事があれば、いつまでもその記憶は持ち続け、何度でも周囲に褒められた事を自慢するという特徴もあります。

他にも、数分前の出来事であっても、自分にとって都合の良い記憶に改ざんする為、発言内容が数分前と比べて矛盾している事が多く、周囲の人を混乱させる事があります。

 

○虚言癖→

自己愛性人格障害の人は自分の事を他人に素晴らしいと思わせる為に簡単に嘘を付きます。病的に嘘を付く為、虚言癖であると言っても良いでしょう。

自己愛性人格障害の人は他人を貶める為にも簡単に嘘を付きます。自分に都合の良い出来事だけを繋ぎ合せ、貶める為のターゲットを悪人であるかの様に周囲の人に吹聴して回ります。

悪口の中には嘘も多く含まれていますが、自己愛性人格障害の人は真実であるかの様に語るので、ターゲットの事をよく知らない人は騙されてしまいます。

自己愛性人格障害の人が何か失敗をした時や、他人を貶めようとした時に、それに対して咎めると、自分は間違っていないという事を主張し、原因は他人にあるという嘘を付きます。

咎められると自尊心が傷付く為、自分を守ろうとして嘘を付きます。

自分の都合が良くなる様に辻褄を合わせて、事実と嘘を混ぜ込んで大げさな話にする為、本人でもどこまでが本当でどこまでが嘘かも分からなくなってしまう事があります。

自己愛性人格障害の人は虚言癖になっていて、嘘を付く事に罪悪感は抱きません。

言っている事を信じてしまうと、関係の無い他人を傷つけてしまう場合があります。

 

○言い訳→

自己愛性人格障害の人は自分の非を素直に認める事が出来ない為、何かと言い訳を使って自分は悪くないという事を主張します。その言い訳にも特徴があります。

自己愛性人格障害の人は自分の行動のせいで何か問題が起こっても、自分の非を認めようとはしません。自分の非を認める事は脆い自尊心に傷を付ける事であり、それを非常に恐れているからです。

その為、言い訳を使って「自分は悪くない」という事を主張します。

その言い訳は他人にとっては理解不能な内容であったり、他の人に責任転嫁した内容であるという特徴があります。

とにかく自分は悪くない、問題が起きたのは他人のせい、理解してくれない人が悪い、自分は被害者である、といった言い訳を使い、責任逃れをします。言い訳には嘘が含まれていると考えて良いでしょう。

責任転嫁する事によって他人を傷付ける事になっても全く気にしません。自分の自尊心を守る事しか考えていないからです。

被害妄想を抱いている場合も多く、問題が起こったのは自分に嫉妬した人が足を引っ張ったからだと主張する事もあります。

 

○悪口→

自己愛性人格障害の方の特徴の1つに、他人の悪口を頻繁に言うという特徴があります。特にターゲットとしている相手についての悪口は、しつこく、度を過ぎているということもしばしばあります。

自己愛性人格障害だと、なぜ人の悪口を言うようになるのでしょうか。

障害のない方でも、悪口好きという方はいます。ですから、人の悪口が好きだからと言って自己愛性人格障害だというわけではありません。

しかし、自己愛性人格障害の方が人の悪口をよく言い、その影響で人から距離を取られるということは珍しくありません。

自己愛性人格障害の方は、自分以外の人が優れているのを嫌います。ですから、悪口を言うことで相手は自分より下であるという風に、優越感に浸ります。それに同意してくれるような人物がいると、満足感はますます増します。

また、ターゲットにした相手のことを陥れるために、裏で陰口を言ったりということもあります。その陰口には、嘘が含まれていることすらあります。

いずれにしろ、他人の悪口は聞いていて気持ち良いものではありませんよね。

自己愛性人格障害の方が誰かの悪口を言っているとき、あまり相手にしてはいけません。同意をしてしまうと、本人は満足はしますが、エスカレートもします。

 

最後に、

顔つきはなんとなく爬虫類系に見えるという方が多く、また表情が汲み取りにくいと言われています。

例えば、笑っているのに目が据わっていることや、目つきが悪く何を考えているのかわからないと言う方も少なくないそうです。

自己愛性人格障害の人は、自分の評価をあげて、周囲から賞賛してもらうために、人に対してフレンドリーに接したり、親切になれます。そのため、愛想笑いも得意です。

ただし、その笑顔は、なんだか嘘くさいと感じさせるものでもあります。

 

なるほど、言われてみると当てはまるフシがあるなぁ~、と納得。