ポケモンGOで重要になるポケストップ関して、新たな朗報がきました!

今までマクドナルドやTOHOとのコラボで、それぞれの店舗がポケストップになっていましたが、

それに加えて、新たにソフトバンクがNianticとのパートナーシップ契約をしました!これにより、

約3700店舗のソフトバンクショップとワイモバイルショップが、「ポケモンGO」内でポケストップとして表示されます!

 

地域格差が少し減る!?

これまで都会と地域でのポケモン出現率や、ポケストップの設置数で格差があり、圧倒的に地域トレーナーが不利とされてきたポケモンGOですが、これで多少ですが格差は減るかもしれませんね!しかし、3700店舗だとまだまだ恩恵を受けることのできないユーザーも多くいると思いますので、今後もコラボする企業が増えることが期待されます!

 

今後期待したい企業は?

地域のユーザーが少しでも快適にプレイをするという意味では、より多くの店舗数を持っている企業とのコラボに期待をしていきたいですね。例えば、コンビニ各社とのコラボが実現できれば、店舗数も十分にありますので、かなりのポケストップやジムが各地に分布されるのではないでしょうか!また、観光地とのコラボもどんどんしていって、何かイベントが行われれば、まだまだポケモンGOでの楽しみが増えるかもしれませんね!