毎日頑張っているお母さんへ
 
こんにちは。
子育てインストラクター
野間理加です。
 
ブログを開いてくださり
ありがとうございます。
 
 

 
 
「お金があるからといって
大学に行けるわけではないよ」
 
 
この言葉は私が子どもの頃、
母が近所の人と立ち話をしている時に
たまたま私の耳に入った言葉です。
 
 
そこのおうちは割と裕福な感じで
教育熱心なご家庭のようでした。
奥さんの雰囲気も知的な感じがしたのを
幼心にうっすらと覚えています。
 
 
そのおうちには息子さんが
いらっしゃったのですが
 
 
なんとなく聞こえてくる立ち話からは
 
 
不登校か体調不良か、
はっきりは分かりませんでしたが、
何かがあって
高校をずっと休んでいるというようなことが
伝わってきました。
 
 
お金があっても、子どもがそんな状態では
大学に行けない。
ということのようでした。
 
 
 
 
子どもが産まれたら
大学まで行かせられるように
お金を貯めなきゃと考える
ご家庭は多いと思います。
 
 
もちろん、お金を貯めることは大事なことです。
 
ただ、それと同じくらい
どのように子どもを育てるのかということも
大事なことだと思うのです。
 
 
子どもには
子ども自身が持っている力があります。
 
 
お友だちや先生、祖父母、親戚などの関わり、
習い事などの学校以外の活動を通じて学ぶこと、成長することもあるでしょう。
 
 
だから
親御さんだけが必死で育てる必要はないかもしれません。
 
 
ただ、
日頃一番よく接しておられる親御さんの
 
 
普段の
子どもに対する接し方や
声のかけ方
 
 
何かがあった時の
親の関わり方
 
については
気をつけておいたほうがいいポイント
あるんじゃないかなと感じます。
 
 
そこがおろそかになってるのに
・勉強しなさい
・しっかりしなさい
・もっと頑張りなさい
と子どものお尻を叩いても
 
 
なかなか上手くいかないのでは
ないかなぁと感じます。
 
 
ココロ貯金®では
良好な親子関係が築けて
子どもの自己肯定感が上がる関わり方
教えてもらえます。
 
 
私は
お金を貯めるのと同じくらい
ココロ貯金®を貯めることも
子どもにとって大切なことだな
感じています。
 
 
ブログや今後講座を開くことで
ココロ貯金®の良さをお伝えできればいいなと思っています。
 
 
最後までお読みいただき
ありがとうございました。