「大人として理論的に話せることは大事」 | ショピンの魚に恋して ☆羽生結弦選手に感謝を込めて☆
新型コロナウイルスに関する情報について

ショピンの魚に恋して ☆羽生結弦選手に感謝を込めて☆

清冽な雪解けの水のようにほとばしる命の煌めき・・・
至高のアスリートにしてアーティスト、
羽生結弦選手を応援しています。

■ 今日の一枚

 

 

■ Skate Forward! その先へ Vol. 9
日本スケート連盟特任相談役
鈴木 惠一

3分25秒6から始まったスケート人生

https://www.skatingjapan.or.jp/column/column9.php

 

”世界選手権に7回出場うち5回優勝、500mで3度の世界新記録更新――スピードスケート黎明期の日本が生んだ破格のアスリート、鈴木惠一氏。とりわけ、1964年にオスロの競技会で、低地リンク500mの壁とされていた40秒を世界で初めて突破して以来、「世界のスズキ」と呼ばれるように。いまなお来日した海外の役員・関係者から「あのミスター・スズキか」と敬意を表される伝説的存在だ”

 

―― ケラーは鈴木さんのよきライバルだった?

「僕はライバルとは思ってない。ライバルは自分です。競技っていうのはね、1回勝てばもう負けられないんですよ。昔の人ってそうなんです。だから、大げさでもなんでもないんだけど、1位獲んなきゃ、2位も3位も一緒なんだっていう考え方をつねに持っている。そんな時代だったんですよ」

 

―― 現在のスケート界をどうご覧になっていますか。

「選手の肉体は超一流。ただ、理論的にはまだそうじゃない選手もいる。大人として理論的に話せることは大事で、フィギュアスケートだと、羽生結弦は自信をもって発言している。スピードの選手のなかでは、髙木美帆は自分自身をきちんとわかっていると思う。彼女はすごいね。前に「センゴ(1500)が強くなれば全部強くなれるな」って本人に言ったことがあったんですけど、本当に強くなった」

 

■ 結弦くんからお返事をいただいたんですね。ANAさん、ありがとうございます。

 

 

 

■ 文字通り、瞬殺だったようです・・・(;^_^A 外箱も星空のイメージなのかな、素敵ですね。

 

 

 

 

 

 

竹内結子さんといえば、「殿、利息でござる!」で皆から愛される飯屋のおかみさん役で出演されていましたね・・・。あまりにもショックな出来事でいまだに信じがたく、昨日から言葉が見つかりません。心から御冥福をお祈り申し上げます・・・。

 

■ 十五夜まであと3日だそうです。お天気はどうかな。

 

明日も結弦くんと皆さんの健康と幸せが守られますように。

 

クリックバナー作成しました(↓)

 

 

人気ブログランキング

 

■ 前記事はこちらです↓