週末仙台

テーマ:

突然思い立って、週末仙台してきました。

 

NHK杯の後に結弦くんが訪れたという会場。

何だか居ても立っても居られない気持に駆られて新幹線に乗ってしまいました。

 

来場者数はなんと2万人を超えたとか・・・。

21日(火)までです。

 

「羽生結弦写真とポスター展」

http://www.ox-tv.co.jp/exhibition/

 

 

会場で販売されていたMemorial Bookを堂々と購入されている男性の方を見つけ、何だか嬉しくなりました。メッセージノートには老若男女あらゆるファンの皆さんからのメッセージがびっしり書き込まれていました。

 

松葉杖をついてメッセージを読む結弦くんのお写真と「ありがとう」の文字・・・。

 

結弦くんの元気の源は、やはり皆さんの温かい応援の気持ちなんだろうなと思いました。

 

雑誌や新聞で拝見するのと違って、大きなパネルで見るお写真は格別です。結弦くんの表情の豊かさに改めてびっくり・・・(*_*)。表情は本当にその人そのものですね。これだけ豊かな表情を持つ結弦くんって、人の持つ様々な感情を理解できる、共感能力のとても高い人だと思うんですよね。

 

会場を後にして、大崎八幡宮へ。

http://www.oosaki-hachiman.or.jp/index.html

 

 

ここにも全国からたくさんのファンの方々がお参りに来られて、絵馬を納めていらっしゃいました。

 

私も、ファンの皆さんがどれほど結弦くんに励まされ、どれほど結弦くんに感謝しているか、ここまでなかなか足を運ぶことのできないファンの皆さんの気持ちもお伝えしてきました。結弦くんの夢が叶ってほしいと多くの人々が世界中で願っていると・・・。

 

ちょうど紅葉が始まりかけて、静かできれいでしたよ。

 

ランチは八幡宮近くのとんかつ店へ。

そういえば家族連れのお子さんたちの微笑ましい会話が聞こえてきました。

 

「どうしてみんなユヅの写真を撮ってるの?」

 

「それはね、ユヅは国民的大スターだからだよ。」

 

仙台では小さなお子さんたちにもユヅって呼ばれているのでしょうか。

 

道を聞いても仙台の皆さんはとても親切で、結弦くんのファンだとわかると嬉しそうに語ってくださいます。

 

愛されているなあ、結弦くん・・・。

 

 

結弦くんの故郷、杜の都仙台。整然とした都会を囲む深い緑と広瀬川。人と自然の営みが共存する街ですね。

 

久しぶりの仙台でしたが、ここを訪れると、結弦くんがどうしてホプレガを演じたのか・・・ふとその心に触れたような気持になります。

 

仙台。結弦くんが大切にしている街に癒されました。

 

帰りの新幹線でいただいた「かき福 大粒三陸かきめし」。美味しかったです!

 

 

https://sendai.keizai.biz/headline/2425/

仙台経済新聞 2017.08.22

 

「オール宮城」、カキやササニシキなど県産食材を使う駅弁だそうです。

 

■カキと特製調味だしの煮汁で炊き上げたかきめしの上に、甘辛く仕上げたカキ煮と、だしで煮込んだあぶりカキを数個ずつのせ、付け合わせに青菜漬けとかきみそを添える。
 

1,180円。3階新幹線中央改札内「駅弁屋」では店内のライブキッチンで調理した出来たてを提供している。

 

アイスジュエルズ。1月30日発売ですね。目下の楽しみはこれかな。

 

 

 

 

 

http://www.kazi.co.jp/icejewels/backnumber/vol07/vo07.html

 

特別付録
大判ポスター(A2サイズ)
羽生結弦選手 ピンナップ付き!

 

そういえばハビエルくんは復活しましたね。やはりブライアンが側にいてくれる心強さってすごいものなのかな。クリケット・クラブはこれから結束を固め、シーズンの後半に向かうにつれ、すごいことになる予感がしています。

 

 

 

 

 

AD

コメント(20)