グルメ雑誌をぶっ飛ばせ!

テーマ:


 自称グルメ(だった)私はよくその手の雑誌を見てはおいしそうな店に出かけるのを趣味にしていた。「食べ歩き」というヤツである。ところが、雑誌の能書きを信じて出かけてみても、また行きたくなるほどの店は10軒に1軒もない。

 「ハナコ」を見て吉祥寺の絶品チャーハンを食べさせるという店に出かけた。(一体どんな味なのだろう・・)と期待に胸を膨らませ、おなかを空かせて足を運んだのに、ごはんのダマはあるし、何のことはない、自分で作る方がよっぽどマシだったのだ。それまでにも散々だまされて来たが、この時には(もー、許せない!)と、グルメ雑誌は一切買わなくなった。

 京都などに行くとガイドブックに出ていないところでも結構美味しい店があるのに、東京というところは実にまずい店が堂々と営業している。新宿のあるビルの地下の有機野菜の店、というのに入ったら百グラム70円くらいの牛のくず肉を炒め、安いサニーレタスを山と盛って千円もとる。かと思うと恵比寿の某蕎麦屋のカツ丼は、肉がロースでなく薄っぺらいバラ肉を重ねて揚げたもの。しかも古い油で揚げているのでまずいの何の。とても食べられた代物ではなかった。

 子供の頃は外食するとはプロの味が楽しめるという事だった。今は(どうかまずい物だけは出ませんように)と祈るような気持ちで暖簾をくぐる。

 という訳で最近はまずくて高い、しかもタバコの煙が漂うというので外食はほとんどしない。もっぱら自宅でカンタンな物しか作らないがこの間、家庭栽培のニラをもらったので数年ぶりに餃子を作った。そんじょそこらの餃子よりはるかに美味しい。

 結構料理はうまいのだが、実は大の料理ぎらい。材料を切ったり茹でたり焼いたりして食べた後は皿洗い。こういう一連の単純な反復作業が実に面倒くさいし空しい。男の友人が来て何かを作るのはもっとシンドイ。かつては乏しい家計をやりくりして愛する男の為に精一杯料理した時期もあるが(笑)、感謝もされず、結局は飯炊き女としていいように利用されただけとあっては、もう男のためにけなげに料理するなど考えられない。彼らにこそ料理して食べさせてもらいたいものだ。
AD

要らない物を押し付けるなー、と言いたいこの頃です。ファミマなどついこの間までレジ袋を断わるとポイントを

くれていたのだ。レシートを断わったら何かくれー。



コンビニなどでくれるレシートは無駄=捨てていく客が多いと店員語る



AD
 イトーヨーカ堂の二重価格表示、ダイエーが販売実績のない価格を修正して洋服を販売(あたかも大安売りのように見せかけて販売)して公取委に警告された 事がある。私もフリーマーケットに出る時には、5000円したTシャツを中古で100円という激安で売っているのに値切るフリマ亡者がいるので、最初は高 めに設定するというテクニックを弄する事がある。ある意味二重価格だが、公取委には罰せられない。こちらとしては、えげつなく値切り倒す客を罰して欲しい ぐらいだ。大手企業の場合は値切られるから二重価格を使うのではなく、儲けたいからこういう操作をする。我田引水、50歩100歩かもしれないが、この差 は大きい。

  当選ビジネスとでもいうのか、当ったと偽って消費者のお得感をくすぐる企業も許しがたい。実際には「当った」といえる内容ではないのだ。ダイビングの無料 体験に「当たった」時にはダイビング代そのものは無料でも諸費用が5、6万かかると言われてノーサンキュー。阪急旅行社の10万円ほどのハワイ優待旅行に 「当選」した時も、旅行が終わって見れば食事のひどさと部屋の狭さは当選と言える内容ではなかった。旅行社を営む友人も「それが相場の値段」と言ってい た。

 ある呉服店が抽選も行なわないのに当選と偽って全国の女性に通知をして50億円を得たという事件もあったしJTBと近畿日本ツーリ ストが海外旅行の応募者全員に当選と通知して公取委に警告された事もあった。いまや オネスト・ビジネス(正直なビジネス)など死語ではないか。

  某ホテルのディナーショーにファックスで応募したら翌日すぐに電話があって「当選」したが、早すぎる対応に「もしかして料金は払うんですか」と聞いたら案 の定かかるという返答。それじゃ当選とは言えない。喜んだ分後味が悪かった。人をバカにするにもほどがある。得な話など一つもないと疑ってかかる習性がつ いてしまって最近は腹も立たない。

 「自費出版の甘く暗い罠」にも書いた新風舎というところも、応募して落選した時には「埋もれるには惜 しい作品」「投稿雑誌に載せたい」と言われたが、掲載に際して原稿料はなく、印税を支払えと言う。3000部発行のその雑誌1部につき3円とかの微々たる もので、その上掲載希望者は5万円を支払わなければならない。これでは掲載希望者の金で雑誌を出している同人誌のようなものではないか。それを「印税」を 支払うなどとトリックを持ち出すところがいやらしい。消費者は賢くならなければいけない。企業を信じてはいけない時代なのだから。

AD
 近所に知的障害者の通う施設がある。たまにバザーなどの手伝いをする。食事のサービスがあるのでそれを利用する事もある。障害にも程度があって、ここには軽いメンバーが集ってくるようだ。2人障害の重い人がいて、1人は病院に入っていたそうだ。彼が就職するのは無理だろうと思うが、健常者とさほど変わらない(ように私には見える)人が多く、かつては会社員として働いていたとか、英語を話せる人者もいる。簡単な仕事なら十分にこなせると思うのだが、彼らは国から年金を支給されていて、就職すればそれが打ち切りとなるのだそうだ。となれば就職はしないでおこうという気になるのは当然だろう。かくて長い自由時間が生まれる。それで何をやるかというと、施設での彼らを見ている限りでは食事をしたり、お茶を飲んだり、ダベッたりタバコを吸ったりして日がな1日過ごしている。

 施設での調理などを手伝うとささやかながらお金が出るが、進んでやるのはごく一部のメンバー。あとは水撒きや掃除など手伝う事はいくらでもあるのに、何もしない。「何かやってもらったらいいんじゃないの」と従業員に言っても「絶対にやってくれない」と笑うだけ。何とも無気力、何とも非生産的。

 施設の目指すところは障害者が社会生活を送れるよう手助けをする、というものだそうだが、この5年ほど見ていると、メンバーは良くなるどころか、表情も段々暗くなり、太り、不健康そうになっている。うつ病の人はやる気が出ないとか、服用している薬のせいで太るという面もあるそうだが、それだけではないような気がする。植物を育てたり、皆で一緒に作業をしたりすれば精神的にも大変いいような気がする。

 だが、私の見るところ、彼らが段々暗くなって行くのは社会とつながりを絶たれているからではないかと思う。本来なら働き盛りの40代の男女が、仕事もせず、かつかつの生活をしているのでは将来の展望もなく、目標も持てずどんどん現実からかい離し、自分の中に閉じこもってしまう。

「飼い殺し」

 ふとそんな言葉が浮かぶ。働ける者は働けるようなシステムであれば労働の喜び、社会人としてのプライド、もう少し豊かな生活、そんなものが手に入り、彼/女達の顔も明るくなると思うのだが…
うーん、一番書きたかったところがばっさりと削除されていましたね。これじゃ私が福島屋を推薦してるようにも思えるので、
削除部分をここに書きます。.

日本各地の温泉に男女不平等=熱海の場合


熱海には温泉の銭湯の他にも千円程度(大野屋は1500円)で入れるホテルや旅館が多数ある。

350円と格安なのが福島屋である。写真のようにバイクの観光客も訪れる。感想を聞いたところ「熱い」「古い」「値段相応」と言っていたが、実はここは男女の浴場に大きな差がある。女性用には開けられる窓がなく、男性用の半分ほどの大きさで、着替場所も、男性用にはベンチもあってゆったりできるのに女性用は狭くて夏などは蒸し暑く耐え難い。この差は男性客の方が多いからかと思いきや、女将は「断然女性客が多いです」との事。では女性湯の方が小さいのはなぜなのか、理解に苦しむ。

いい事も悪い事もあります、ヤフオク...
ヤフー側がもっとシステムに金をかければもっと良くなるのは目に見えていますが、やらないのはお金が惜しいから?ヤフオクで
大金が儲かるという本などもあるようですがなかなかそう上手くは行きません。すごい商材があれば儲かるかもしれませんが。

ヤフオク、ネットショッピング=恩恵とリスク

最新!ヤフーオークション完全ガイド―これ一冊でカンペキ!!世界イチ簡単なヤフオク入門!!
¥1,000
Amazon.co.jp

ヤフオクで儲かる!基本・裏ワザ・隠しワザ/CocoPapa
¥1,260
Amazon.co.jp

ネットで儲ける!ヤフオク/オークション研究会
¥1,029
Amazon.co.jp



 林真理子さんが週刊誌のエッセイに寿司屋での出来事を書いていた。ある地方の全国的に有名な高級寿司屋に地方の名士という方と出かけたところカウンター に酔った医師と薬品会社の一団が陣取っていて、寿司を食べるでもなく大騒ぎで酒を酌み交わしいたという。あるある、そういう事。

  真理子さんとその名士はしのび難きをしのび、我慢を重ねていたが、連中が帰る時に地方グルメ名士氏の怒りはついに爆発し、「田舎者!」とどやしつけたのだ そうだ。 真理子さんは内心(ひえーそこまで言わなくとも)と思ったそうだ。その方は気性が激しいのだそうだが、気性の激しい事では人後に落ちない私でもきっと(ひ えーそこまで言わなくとも)と思っただろう。

 彼の気持ちはよーくわかる。が、真理子さんをアテンドしているのだから彼女の気持ちを一番 に考えてあげるべきではないだろうか。私なら傍若無人の一団を見た時点で「彼らが帰ったらここに電話してくれ」と言ってその場を出ますけどね。 その寿司屋の主人も主人だ。いくら上得意とはいえ店の雰囲気を壊す輩に何ら注意もせず、他の客に不快な思いをさせているとは。一言あって然るべきではない か。

 私も東京の立川市のある寿司屋でイヤな思いをした。たまに行くその店に女友達と行ってカウンターで「氷頭ナマス」の話をしていた ら、見ず知らずの中年の男が「彼女はオバサンだから生ぐさいものが好きなんだ」と唐突に言ったのだ。本人だって私とおっつかっつの年。そんなのにオバサン 呼ばわりされるいわれはない。 1人の時だったら「何ですか、急に。あなたに話している訳ではないですよ」ぐらいは言ってやるのだが、友人にイヤな思いをさせてはいけないと知らん顔を通 した。その時寿司屋のオヤジが何をしていたかというと、カウンターの中でうすぼんやりとした顔をして刺身を作っていたのである。 男の言葉が聞こえない訳はない。

 私はすっかり気分を損ね、寿司までまずく感じられ(元々そう美味しい店ではない)早々に出て、2度とそ の店のノレンをくぐらなかった。いや、1度だけ、7年ぐらい経ってから仕方なく入った。他に入るところがなかったのだ。女将は私を覚えていた。こういう事 があったから来なくなったのですよ、と真相を語ったものの「それは申し訳なかったです」でもない、うすぼんやりとした表情のままだった。 夫婦揃って客の心 情をおもんぱかるという事がないのだ。それ以降はもちろん行っていないし、行くつもりもない。