ちくわメイキング1 | ちくわの穴から星☆を見た *4コマ
さて、本日かねてよりお待たせの
(待っていない人にはまるで興味のない)
『メイキング・ちくわの穴』です。

まあ、はっきり言って、ゆずぽんさんのメイキング記事()見て
遠~~~い約束を思い出したんですが。w


実はちくわは、超アナログで描かれている・・・・。

$ちくわの穴から星☆を見た *4コマ-メイキング11

しかもかなりショボい画材で!!
・鉛筆/なんかダース買いしたTomboえんぺつ(時々息子の鉛筆を借りる)
・消しゴム/トンボMONO(時々息子のを借りるwww)
・ペン/無印良品の水性ボールペン0.5


ちくわの穴から星☆を見た *4コマ-メイキング8

まず、B5コピー紙に、激しくてきとーに十字を引きます。これが枠線のつもり
ざざっと、下描きという名の落書きをします。
セリフはこの時点で私の脳内にしかありません。



ちくわの穴から星☆を見た *4コマ-メイキング9


水性ボールペンでざくざくとペン入れ。
着色はバケツでベタ塗りに塗りつぶすので、線は閉じていることが肝心。



ちくわの穴から星☆を見た *4コマ-メイキング10

これで線画できあがり。
枠線は、あとでパソコン上で入れます。
「アイデアどうすっぺ?」と机の前に座って、コピー紙に十字を入れ
ペンを入れ終えるまで、だいたい10分くらいの作業時間です。
ネタがあるときも、ワクの十字を入れている時点でなにも
使えるようなネタを思い出していないときもあります。
十字を入れてしまうと、あとは熟練の書道家のごとく、
やぶれかぶれで一気にペンまで入れてしまいます。


消しゴムをかけて、この線画をスキャナで取り込みます。


ちくわの穴から星☆を見た *4コマ-メイキング6


スキャナは、前のスキャナが壊れて、やっつけで買ったcanonMP470(プリンタ複合機)
解像度350dpiグレートーン、若干、白は白く、黒は黒く取り込めるよう調整をしてあります。
モノクロ紙媒体の漫画の場合、線がはっきりするので二値化で600dpi~の高解像度で
線を取り込むやりかたもあります、私はカラーは紙媒体でもこのくらい。軽いし。


余り実のない第一話はここで終わります。
明日は着彩の第二話。

=================
↓本日もランキングクリック、ありがとうございます。

ちくわの穴から星☆を見た *4コマ-3バナー
息子(・∀・)「ほんとに原始的ですね~コミスタくらい入れれば?!」
母(*゚∋゚)「ペンタブなんかでフィニッシュが出来るか!指がつるわ!! 」
息子(・Д・)「ミネラルとりなさいよ。」


↓こちらもよろしければ、ワンクリック。
子供服・子育てブログランキング


連載あれこれ:
◎アイリスオーヤマ「親子でベランダ家庭菜園」

$ちくわの穴から星☆を見た *4コマ-アイリスオーヤマ
↑上のバナーをクリック、トップから「親子でベランダ家庭菜園」にお入りください。
◎「はなのワーキング子育て航海誌」
◎「すくすく子育て講座」息子妊娠中のお話です→