心に栄養を与えるサプリ | 詩の学校 ポエムファクトリー

詩の学校 ポエムファクトリー

詩と出版のコーチ 松﨑義行


テーマ:

短い詩を書きましょう

 

 

短い詩が書けるようになると

自分が体験した(味わった)感動を

将来簡単に再生(追体験)することができます。

心に栄養を与えるサプリの一粒みたいです。

 

 

 

たとえば、好きな人の瞳に海が映っているとします。

静かなやさしい時間が流れ、久しぶりに気持ちよく笑顔になったとします。

これを、短い詩にして、

未来の自分に伝えたいとおもいました。

 

そんなとき

どうやって詩を書いたらいいでしょう。

 

書き方はいろいろありますが、

一番感動したことを

最後に持ってくると

「おち」がついて

まさに、落ち着きます。

 

好きな人の前には自分がいて

顔をみることがうれしくてたまりません。

とうぜん、好きな人の前に回り込んで

顔をよく見ようとします。

 

海を見ている好きな人の視線を

私が遮(さえぎ)ってしまうことに気づきました。

そういえば、いつもそうであることも思い出してきました。

 

一回きりではないことが

関係が継続していることを伝えてくれるでしょう。

永遠、という感じです。

 

「私」は、いつも、そしてこれからも、

あなたの視界を遮るのです。

 

それをもモチーフに書いてみましょう。

 

あなたの瞳の海を いつも遮る私

 

という1行ができました。

 

青い色彩に包まれた2人だけの濃い世界を

表現しました。

 

でも、もちろんこれだけだと

状況がわかりません。

どうしましょう?

 

そこで、「あなたの瞳の海」のことを書くことにします。

 

海の色は空の青を映してる

 

これで、瞳の海のことを描写して

二人がいる状況が表現されました。

青空のもと、海の見える場所にいるのです。

 

合わせてみます

 

海の色は空の青を映してる

あなたの瞳の海を いつも遮る私

 

短い詩が完成しました

 

ポイントとしては

感動の中心(気づきやはっとしかこと、心がが開放されたこと)を

最後にもってくること

 

ぜひためしてみてください。

 

 

私はこのような短い詩を「10秒の詩」と名付けて

書くことを勧めています。

詩の講座なども開催していますので、

メールくださるか、メルマガに登録くださいね!

 

無料メルマガ

詩を書いて言葉を味方につけるメール無料講座の購読申し込みはこちら

 

https://www.youtube.com/watch?v=L3rd5e-WBmo&feature=share

 

 

 

松﨑義行 別名/みちる、マツザキヨシユキさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント