電車内の読書

テーマ:

昨日は東京であることを書きましたが、東京走も往復みっちり行いました。



スカイツリーも相変わらず、そびえ立っていました。


前も書きましたが、駒形の交差点のところが絶景です。それを見るための東京走かもしれません。


近くにいた方が写真を撮っていたので、うちも撮ろうかなと考えていたところで、信号が青になってしまいました。




さて、電車内では読書ができるこれまた楽しみな時間です。



前も紹介しましたが、行きは『バイロン詩集』を帰りはヘルマン・ヘッセさんの『郷愁』を読んでいます。



『郷愁』も盛り上がってきました。



昨日は三章の部分が終わりましたが、心理的描写と自然的描写が絶妙です。主人公という男性の心理的描写の捉え方がすごく、印象に強いものです。



ヘッセらしいという気がします。ヘッセらしい作品です。

AD