1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2005-05-07 00:48:51

力道山

テーマ:ソル・ギョング

以前、大山倍達をモデルにした、 「風のファイター」 を紹介したが、

今回は、あの「力道山」のお話。

r

戦後、日本は、物質的に豊かな欧米に対し「憧れ」と共に、

自国を何かで「誇り」たいという気持ちは、誰の心にもあった。

屈辱の敗戦後、

日本に必要であったのは、国民を勇気付ける存在であった。

そんな中、

街頭テレビの導入と共に、登場した「力道山」は、

外国人レスラーを得意の「空手チョップ」でバッタバッタとなぎ倒した。

3 1

それは、「衝撃的な事件」であり、多くの国民が勇気付けられたに違いない。

まさしく 国民的スーパースター 登場 であった。

そんな、「力道山」が、

なぜ、韓国映画に登場? 

そう「空手の父」大山倍達と同様、

6

「プロレスの父」力道山 もまた、

7

韓国人だったのである。

ここで、「力道山」って誰?

という方に簡単にその略歴を紹介しておこう。

力道山-----------------------

本名:金信洛(日本名/百田光浩)

19241114日、北朝鮮咸鏡南道に生まれ、

15で、後の養父となる百田己之助にスカウトされ、

相撲界に入るため、単身、日本に渡る。 

二所ノ関部屋入門で、横綱若乃花(初代)は、弟弟子にあたる。

関脇に昇進するが---

26で、自宅で自ら髷を切り落し、相撲界を去る。

28で、プロレス修業の為、ハワイへ出発、

その後米国太平洋岸を転戦し3002955の成績。

29で、日本プロレス協会設立し、蔵前国技館で3日間の連続興行を

プロモーション、企画に至るまで全て、自らが行った。

街頭テレビ登場と重なり、全国的な国民ブームとなる。

(戦後、出来たばかりの東京日本橋の街頭テレビの前には、常に一万人以上の人だかりができたという。)

その活躍に魅せられ、

馬場、猪木がプロレス界に入るのは有名な話である。

9 I

30で「巌流島の対決」と銘打ち

柔道家木村政彦7段を破り、初の異業種格闘技戦を行い勝利。

8

その後、ルーテーズ、ブラッシャー、デストロイヤーなど外人勢と戦う。

U H 4

39の時に暴力団に刺殺される。

-----------------------

この波乱万丈の人生を演じるのは、

-----------------------

私にも妻がいたらいいのに

オアシス

ペパーミントキャンディー

シルミド

などの人気映画主演の実力派俳優

ソル・ギョングである。

体重を72kgからなんと、95kgにまで増やし、

日本語とレスリングを特訓しての熱演が見物である。

気になるヒロイン役は日韓合作映画という事もあり、

R

その他、萩原聖人 、藤竜也など日本の有名俳優が名を連ねる。

100億ウォンという破格の制作費が投じられた話題作で

韓国では、昨年の暮れ、

20041215日(力道山の命日)に公開された。 

日本では、来年の春上映予定である。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。